コラム

英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」騒動でキャサリン妃の健康状態にウワサ渦巻く

2024年03月01日(金)17時10分
キャサリン皇太子妃

昨年のクリスマスに家族と共に姿を見せたキャサリン皇太子妃(2023年12月25日) Chris Radburn-Reuters

<タブロイド紙にプライベートを狙われ続ける英王室メンバー。その中でウィリアム皇太子は秘密主義と情報管理に徹してきた>

[ロンドン発]ウィリアム英皇太子が2月27日「プライベートな問題」で名付け親の1人であるギリシャ最後の国王コンスタンティノス2世の追悼式をドタキャンしたことが、腹部の手術を受けて公務から離れているキャサリン皇太子妃の健康状態を巡る憶測に火を付けている。

英大衆紙(タブロイド)は常に特ダネを求めてハイエナのように嗅ぎ回る。英王族に「プライベート」が許されるのは母親の子宮の中にいる時だけと皮肉られる。しかし母、ダイアナ元皇太子妃の悲劇を目の当たりにしたウィリアム皇太子は秘密主義と情報管理に徹してきた。

2005年、英大衆日曜紙ニューズ・オブ・ザ・ワールド(廃刊)が担当医しか知らないウィリアム王子(当時)の膝の治療をスクープした際、携帯電話のボイスメールが盗聴されていると疑い、同紙による組織的な大規模盗聴事件を暴く端緒をつくったことがある。

ウィリアム皇太子が自分のインナーサークルの中に入ることを許すのは秘密を守ることができるごく限られた人物だけ。弟のヘンリー公爵(王位継承順位5位)とその妻メーガン夫人と上手く行かなくなった大きな理由の1つにもウィリアム皇太子の秘密主義と情報管理が挙げられる。

昨年のクリスマス以来、姿を見せない皇太子妃

米紙ニューヨーク・タイムズ(2月28日付)は「キャサリン皇太子妃を心配するウワサが渦巻く。ウィリアム皇太子が未公表の『プライベートな問題』を理由に王室行事への出席を急遽取りやめたことで、ネット上ではキャサリン妃の健康状態に関する憶測が飛び交う」と報じている。

昨年のクリスマス、英ノーフォーク州サンドリンガムの聖メアリー・マグダレン教会の礼拝に家族で参加して以来、キャサリン妃は公の場に姿をあらわしていない。キャサリン妃はロンドンのクリニックで予定されていた腹部の手術を受けたと今年1月17日に発表された。

そのわずか1時間後、今度はチャールズ国王が前立腺肥大の治療を受けることが発表された。2月5日には国王はがんであることが明らかにされた。それ以来2人の健康状態は国民の関心の的となった。中でもキャサリン妃の健康状態を巡っては多くの憶測や懸念、陰謀説が飛び交う。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル発射、韓国軍発表 すでに落下の

ビジネス

英住宅売却希望価格、過去最高に迫る=ライトムーブ

ワールド

欧州で過酷な熱波の確率上昇、温暖化継続で=世界機関

ワールド

焦点:トランプ氏、若者の支持拡大 インフレやウクラ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 5

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 6

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 7

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 8

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story