コラム

日本を苦しめる「デジタル赤字」...問題解決のために、さらなる「赤字の拡大」が必要となるワケ

2024年05月23日(木)17時49分
日本のデジタル赤字

RONNIECHUA/ISTOCK

<貿易赤字が定着しつつある日本で、特に問題視されているのが海外IT企業に支払うクラウドサービス利用料などのデジタル関連の赤字だ>

このところ多少、落ち着きを見せているものの、日本の貿易収支は赤字傾向が定着しつつある。2022年の貿易収支は20兆3295兆円、23年は9兆3218億円の赤字だった。貿易収支が悪化している主な要因は、工業製品の輸出が相対的に減少していることや、原油価格、食糧価格の高騰や円安によって輸入金額が増大していることである。

だが、赤字傾向が顕著となっているのはそれだけが理由ではない。エネルギーや食糧など、以前から輸入せざるを得なかった品目のみならず、自国で生産できていたはずの製品やサービスも輸入に頼るようになったからである。

かつての日本では、携帯電話のほとんどが日本メーカー製だったが、スマートフォン(スマホ)の台頭にもかかわらず、ガラケー(従来型携帯)に固執したことでほぼ壊滅状態となってしまった。スマホはもちろんのことパソコンや家電など、日常生活に必要な工業製品のほとんどが海外製である。

これに加えて近年、特に問題視されているのが海外IT企業に支払うソフトウエアの購入代金やクラウドサービスの利用料金など、いわゆるデジタル関連の赤字である。

クラウドサービスで太刀打ちできない日本企業

このところ、情報システムを自社で保有するのではなく、遠隔地にあるIT企業のデータセンターで運用を行うクラウドサービス市場が急拡大している。この分野で日本のIT企業は海外の企業にまったく太刀打ちできない状況となっており、多くのユーザー企業が毎年、高額の料金を払って外国企業にデータを預けている。

日本政府が情報システムをクラウド化しようと入札を実施したところ、要件を満たす企業が日本国内には存在せず、海外企業に政府のデータを預けざるを得なかったという笑えない話もあった。企業の基幹システムを構成するソフトウエアもほとんどがアメリカあるいはドイツ企業の製品であり、やはり海外に富が流出している。

為替市場では急速に円安が進んでおり、日本政府や産業界は危機感を募らせているが、円安が進む理由の根底には日本全体の競争力低下という問題がある。表面的には日米の金利差が最大の円安要因ではあるものの、日本だけが金利を上げられないのは、国内経済の基礎体力が弱く、急激な金利上昇に耐えられないからである。

過度な円安を防ぐには、日本の競争力強化が不可欠であり、そのためにはより積極的にIT投資を進めていく必要がある。日本企業のIT投資水準は30年間ほぼ横ばいが続いており、3倍以上に拡大させている諸外国との差は拡大する一方である。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏顧問がウクライナ戦争終結計画、良い反応得

ビジネス

基調的インフレ指標、5月はまちまち 刈込平均は2%

ビジネス

英製造業受注指数、6月は3カ月ぶり高水準 輸出受注

ビジネス

米新興EVリビアン、生産工程を簡素化 コスト削減で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story