コラム

スポーツを侵食する新時代ギャンブル

2017年08月25日(金)14時30分
スポーツを侵食する新時代ギャンブル

イギリスのスポーツファンの熱狂は良くも悪くも有名だが Eddie Keogh-REUTERS

<イギリスではギャンブルの規制緩和でスポーツがすっかり賭けの対象になり、観戦風景も様変わりした>

先日、友人とパブで夕食を取っていたら、いくつか先のテーブルに着いていた男2人がひどく興奮していた。彼らはロンドンで開催されている世界陸上をパブのテレビで観戦中で、男子200メートルでトルコ人選手が接戦を制して優勝したのに狂喜していたのだ。

すると解説者が、もう一方の選手のほうが先にゴールしたのではないかと言い出した。パブの2人は一瞬、がっくりした......でも、結局トルコ人選手の勝利が確定すると、歓喜の叫びを上げて抱き合った。「シャンペンを開けようぜ」と1人が言った。

(アクセントから判断して)1人はアイルランド人、もう1人はイングランド人のようだったから、そう有名でもないこのトルコ人選手に彼らがそこまで思い入れていることに、僕はびっくりした。でもすぐに、1人がトルコ人選手の勝ちに賭けていて、配当を手にしたことが判明した。僕と一緒にいた友人によると、2人は僕らがパブに入ったときから(200メートル決勝の2レース前だった)賭け率を調べ、スマートフォンで賭けに参加していたという。

どうやらこれは、近頃では珍しくもなんともないことのようだが、僕が若い頃のギャンブルのイメージとはずいぶんとかけ離れている。当時のギャンブルとは、たいていは中高年の男が殺風景なギャンブル専門店で行う(イケてない)ものだった。賭けの対象がサッカーでも、賭けたその場で座って試合を観戦することなどできなかった。賭けたら普通、立ち去るものだった。

大半の人はたまに賭けるだけ(競馬の障害競走のグランドナショナル、イングランド代表の国際試合、サッカーのFAカップの決勝とか)。僕はと言えば、これまでドッグレースくらいにしか賭けたことがない。僕の人生で計20回ほどだ。気に入った名前の犬を選び、実際のところ勝ちそうかどうかなど関係なしに応援した。数ペニーの「浪費」で、レースはより面白くなった。

【参考記事】大学も就職も住宅も「損だらけ」のイギリスの若者たち

同じスポーツを見ているはずが

世界陸上の件があった翌日、僕はサッカーのゲーム(アーセナル対レスター戦)を見るために別のパブにいた。真後ろで若い男3人が酒を飲みながら観戦していた。こういう状況では、近くで飲んでいる人間がどちらのチームを応援しているかを慎重に見極めなければならない(敵チームのPKミスを野次ったら、そのチームのファンの酔っ払い軍団がそばにいた、なんてことにならないように)。

奇妙なことに男3人は、どちらのチームを応援しているかという様子を見せずに、サッカーについて知識豊かに語っていた(「サンチェスは移籍すると思うか?」「カイル・ウォーカーに5000万ポンドの価値はあるか?」「ショーン・ダイチェはバーンリーのパーフェクトな監督だ」などなど)。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『新「ニッポン社会」入門――英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『「ニッポン社会」入門』(NHK生活人新書)、『「イギリス社会」入門』(NHK出版新書)など。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

ニュース速報

ビジネス

首相「国難突破」へ解散表明、与党過半割れなら辞任も

ビジネス

情報BOX:安倍首相、過半割れなら「私も辞任」

ビジネス

情報BOX:消費増税、使途変更訴え 首相会見全文

ビジネス

東芝が取引銀行向け説明会、半導体子会社売却の遅れに

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回したトランプ

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 8

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 10

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!