コラム

GoToトラベル、実は合理的だったのに...

2022年11月19日(土)15時55分
GOTOトラベル、コロナ

政権批判のやり玉に挙げられ非難ごうごうだったGoTo(20年11月、東京)Issei Kato-Reuters

<忘れられたニュースを振り返る石戸諭氏のコラム。感染を拡大させると批判された一昨年開始のGoToトラベルだが、悪くない施策だったのでは?>

2020年7月、安倍晋三政権下で始まった「GoToトラベル」事業は、新型コロナ禍で産業そのものが危機的状況に陥った観光業にとって、プラスに働いた政策だった。観光業が落ち込みのひどい業種だったことは、経済産業省の「第3次産業活動指数」などをみても明らかで、テコ入れは必至の状況だった。

しかし例によってと言うべきか、GoToトラベルは政権への不満とリンクしてしまい「感染を拡大させる愚策」「国民の命より経済が大切か」というような批判が投げられた。

21年に入り、批判する側が大きく取り上げたのが、京都大学の疫学者・西浦博氏のチームが発表した論文である。「GoToトラベル後に、旅行に関連する新型コロナウイルス感染者が最大6~7倍増加した」というニュースが駆け巡った。

これに対し経済学者の中田大悟氏(独立行政法人経済産業研究所)、飯田泰之氏(明治大学)が西浦論文での分析がGoToトラベルが感染拡大に与えた影響を捉えていないのではないか疑義を示し、西浦氏との間で建設的な議論になった。

この議論で明らかになったのは、西浦氏の論文は今後の研究のイントロダクションのようなものであり、そこまで強いエビデンスではなかったということだった。論文が示したのは、あくまでひとつの仮説であり、これをもってGoToの影響を断定的に報じることができるものではないということだ。この論文の取り上げ方をみても、批判する側は、政権批判ばかりに目が向いてしまい「経済もまた命の問題」という当たり前の視点を欠いていたように思える。

プロフィール

石戸 諭

(いしど・さとる)
記者/ノンフィクションライター。1984年生まれ、東京都出身。立命館大学卒業後、毎日新聞などを経て2018 年に独立。本誌の特集「百田尚樹現象」で2020年の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」を、月刊文藝春秋掲載の「『自粛警察』の正体──小市民が弾圧者に変わるとき」で2021年のPEPジャーナリズム大賞受賞。著書に『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)、『ルポ 百田尚樹現象――愛国ポピュリズムの現在地』(小学館)、『ニュースの未来』 (光文社新書)など

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米CB消費者信頼感、5月は102.0 予想に反し4

ビジネス

ECBの利下げ「まもなく開始する」=ポルトガル中銀

ビジネス

中国深セン市、住宅の頭金比率引き下げ 広州市に続き

ビジネス

ECB、経済予測発表の理事会で段階的に利下げへ=オ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 2

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏最新インタビュー

  • 3

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧州はロシア離れで対中輸出も採算割れと米シンクタンク

  • 4

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    コンテナ船の衝突と橋の崩落から2カ月、米ボルティモ…

  • 7

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 8

    TikTokやXでも拡散、テレビ局アカウントも...軍事演…

  • 9

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 10

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story