ニュース速報

ワールド

トランプ氏「軍事解決の準備完全」、北朝鮮は米国非難

2017年08月12日(土)07時00分

8月11日、トランプ米大統領は米国が軍事的解決をとる準備は完全に整っているとし、北朝鮮を再度けん制した。 写真は10日、ニュージャージー州ベッドミンスターで撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ベッドミンスター(米ニュージャージー州) 11日 ロイター] - 北朝鮮が米国が朝鮮半島を核戦争の間際に追い込んだと非難するなか、トランプ米大統領は11日、米国が軍事的解決をとる準備は完全に整っていると述べ、北朝鮮を再度けん制した。

ニュージャージー州ベッドミンスターのゴルフリゾートで休暇中のトランプ氏は、「北朝鮮が浅はかな行動をとるなら、(米国の)軍事解決に向けた準備は完全に整っている」とし、北朝鮮の指導者、金正恩朝鮮労働党委員長が「別の道を模索するよう願っている」とツイートした。

トランプ氏は軍事解決の準備が整っていることを示すにあたり「locked and loaded」との言葉を使用。ジョン・ウェイン主演の1949年の映画「硫黄島の砂」からの引用と見られる。

トランプ氏はその後、記者団に対しこの言葉について説明するように求められると、「こうしたフレーズは実に分かりやすい」と述べた。

また、「北朝鮮の金委員長が再度脅しをかけたり、米領グアムやその他の米国の領土、および米国の同盟国を巡り何らかの行動を起こせば、直ちに心底、反省することになる」と警告した。

トランプ氏はこのほか、米国は北朝鮮との裏口外交については語りたくないと述べた。

トランプ氏のツイートの直前には、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が「トランプ大統領は朝鮮半島を核戦争の間際に追い込んでいる」とする声明を発表していた。

米朝間の緊張が高まるなか、ロシア、中国、ドイツなどが相次いで懸念を表明。ただ米国防総省はこの日、韓国との年次合同軍事演習を予定通り21日に始める方針を示すなど緊張緩和の兆しは見られていない。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 2

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「チョコレートは、あなたの脳力をブーストする」と…

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!