コラム

「大炎上」アメリカ学生デモはアメリカ社会のイデオロギー戦争だ

2024年05月18日(土)19時32分
デモ

MITのキャンパスで人間の鎖をつくるデモ参加者たち(5月6日) VINCENT RICCIーSOPA IMAGESーLIGHTROCKET/GETTY IMAGES

<名門コロンビア大学の卒業式中止にまで発展した全米各地の反イスラエル・親パレスチナ学生デモ。ここまで事態が拡大したのは、ガザ反戦にとどまらず、デモがアメリカ社会における保守派と進歩派のイデオロギー戦争に変質したからだ>

学生たちがキャンパスにテントを張り、大学の建物を占拠し、抗議のスローガンを叫んでいる。東海岸のハーバード大学から西海岸の南カリフォルニア大学まで、アメリカの大学でイスラエルのガザ攻撃に抗議する学生デモが続いている。逮捕されたデモ参加者は2100人以上。アメリカでこれほど学生デモが激化したのは、1970年代のベトナム反戦デモ以来だ。

大学でデモが拡大し、ユダヤ系の学生が憎悪の標的になるケースが増えていることを理由に、共和党主導の米下院は昨年12月、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ペンシルベニア大学の学長を呼び出して、キャンパスにおける反ユダヤ主義について問いただした。

この動きには、共和党のもう1つの動機もあった。主として民主党系の「リベラル」で「進歩的」で「エリート主義的」な勢力に、反ユダヤ主義的で、道徳的に腐敗していて、社会を破壊しているという泥を塗りたいという思惑があったのだ。

しかし、近年のアメリカ社会で反ユダヤ主義が強まる過程では、トランプ前大統領と共和党が白人至上主義を後押ししてきたことの影響も大きかった。白人至上主義者たちは、デモ行進でたいまつと共に反ユダヤ主義的なスローガンを掲げる。

一連の学生デモに関しては、3種類の問題が重なり合っている。

1つ目は、パレスチナ人の人権を守ることと、イスラエルおよびユダヤ人の安全を守ることのバランスをどう取るかという問題だ。デモの参加者、そして多くの若い世代の目に、状況は単純に見えている。強者のイスラエルが弱者のパレスチナ人を殺戮し、抑圧しているという図式だ。

しかし、イスラエルが3万4000人以上のパレスチナ人を殺したという悲劇を前に忘れられつつあることがある。ガザ攻撃のきっかけは、昨年10月7日にパレスチナのイスラム組織ハマスが1300人を超すイスラエル人を殺害したことだった。ハマスがイスラエル国家を破壊し、ユダヤ人を全て殺すことを目標に掲げているという事実もしばしば見落とされている。

2つ目は、言論の自由の保障と、社会の治安および個人の安全のバランスという永遠のジレンマだ。この点に関連して皮肉なのは、筋金入りのイスラエル支持派を自任するトランプのような共和党政治家たちが白人至上主義をあおり、その影響により社会で反ユダヤ主義が再燃していることだ。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国製EVは世界の供給に貢献、李首相が表明 夏季ダ

ビジネス

UBS、中国証券合弁会社の一部株式売却へ クレディ

ワールド

豪州の電子たばこ規制、世界初の処方箋の取得義務付け

ワールド

米学生ローン減免措置、新規手続き差し止め 2州で判
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story