コラム

将棋界を変革したAIは投資の世界をどう変えるか(藤井聡太×藤野英人)

2022年07月01日(金)10時45分
藤井聡太

藤井聡太叡王 「お金のまなびば!」より

<AIの進化は将棋界を大きく変えたが、AIを駆使して研究をする藤井聡太叡王はそれをどう捉えているのか。ひふみシリーズの藤野英人氏は「AIは投資の世界でもやがて革命を起こす」と予測する>

人間をはるかに凌駕するほど進化した将棋AI。2011年にAIと棋士が対局する「電王戦」が始まったことで、広く注目されるようになった。

将棋中継の画面にAIの形勢判断が表示されることが多くなり、今やプロの間でも将棋の分析や研究にAIを使うことが当たり前になるほど浸透している。

なかでも、現在五冠の藤井聡太叡王は、AIを駆使して深い研究をする棋士として知られている。そんな彼は、AIが将棋の世界に導入されたことにはどんなイメージを抱いているのか。

ひふみシリーズの最高投資責任者、藤野英人氏が運営するYouTubeチャンネル「お金のまなびば!」の動画「【藤野英人×藤井聡太①】「ひらめき」天才の思考法とは?」で語られた内容を一部抜粋して紹介する。

藤井叡王は、「今までは多くの人が『将棋は観ても分からない』と思っていたが、数値化されることでそのハードルが下がった。多くの人に興味をもってもらえるのはいいことだと思っている」と、AIについて好意的に答えた。

電王戦でAIがプロの棋士を破ったことはショッキングな出来事で、当時は「人の将棋の価値がなくなるのでは」と危惧する声もあったと、藤野氏は振り返る。だが、これは何も将棋界に限ったことではない。

「AIが普及すると『人間社会にとってつまらなくなるのではないか』という未来を謳っている人が多かった。何でもAIが代行してしまい、仕事が盗られるという未来像があった」と、藤野氏は語る。

これに対し、藤井叡王は「電王戦を通して、AIが人間より強くなる過程を見られたことは意義があると思う。社会としていろいろ変わることはあると思うが、AIが例えば人間より運転が上手いとしても、人間も運転を楽しんでいい。人間の楽しみ自体をAIが奪うわけではない」と言う。

すると、藤野氏も「AIが楽しんでいるわけではない。楽しむ対象は僕ら。AIが登場したことにより、観る材料や考えること、客観性が増えて、楽しみ方が変わった」と同意。

AIが進歩した分、人間も強くなった。さらに局面を分かりやすく説明してくれるようになったことで、対局のストーリー性が際立ち、観る人にとっても楽しみが増えたと、藤井叡王は話す。

AIが人間の存在を脅かしたわけではなく、新たな可能性を与えてくれたというわけだ。

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランド、ロシア人向けビザ発給制限へ 9月1日

ビジネス

カーニバル、クルーズ予約急増 コロナ規制緩和で 株

ワールド

エストニア、一般のロシア人のビザ取り消しへ EU渡

ビジネス

カナダCPI、7月は前年比7.6%上昇 やや緩和

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中