コラム

長老支配嘆くラウルの右腕は80歳

2011年04月20日(水)18時10分

 キューバのラウル・カストロ国家評議会議長(79)は、16日から開かれていた共産党大会で政府と党幹部の任期を2期10年に制限することを提案し、キューバの長老支配を嘆いてみせた。だが彼の本音は、自分の世代までは今のままの支配を続けることらしい。英ガーディアン紙は以下のように伝える。


 14年ぶりに開催されたこの党大会は、革命の英雄フィデルと実弟ラウルのカストロ兄弟やその世代が出席する最後の大会になるはずだった、とラウルは言い、若手を幹部に登用する試みは失敗したと付け加えた。「人生においては常にベストの選択ができるわけではない。キューバ革命から半世紀以上を経ても尚、問題を解決できずにいるのは恥ずべきことだ」

 制度的に若返りを促そうとするラウルの提案は、来年1月の党中央委員会で議論される。ラウルは08年にフィデルの後を継いで国家評議会議長の地位に就いたばかり。提案が通ればラウルは86歳まで現在の地位に留まることになる。党大会ではまた、フィデルが党第1書記を退いたのに伴い、ラウルが昇格する予定。せめて党のナンバー2ぐらいは若返るのかどうか、それも定かではない。


 そして今日、ラウルは筋書き通り第1書記に昇格した。そしてラウルの後任となる第2書記に就任したのは、ホセ・ラモン・マチャド・ベントゥラ国家評議会副議長。血気盛んな80歳だ。

 今党大会では、計画経済の崩壊を回避するため部分的に市場原理を導入する経済改革が承認され、中古車を新車に買い換えることも可能になるかもしれない。だが、ポンコツ指導者が引退して元気な若者に道を譲ってくれるのはまだ先のことになりそうだ。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2011年04月19日(火)12時09分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 20/4/2011. © 2011 by The Washington Post Company.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ビジネス

焦点:タカタ再建、不安残る事故再発防止策 製品交換

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 6

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!