コラム

アポロ計画に果たせず、アルテミス計画に期待されること 月面探査の歴史とこれから

2022年09月06日(火)06時05分
新型ロケットSLSと宇宙船「オリオン」

ケネディ宇宙センターの発射台に設置された新型ロケットSLSと宇宙船「オリオン」、夜空には満月が浮かんでいる(6月14日、フロリダ州) NASA

<全体的に2年ほど先送りになっているアルテミス計画だが、ここにきてなぜ急がれるようになったのか。計画の詳細、月面探査の歴史、アポロ計画との違いを紹介する>

米航空宇宙局(NASA)は現在、「アルテミス1」のロケット打ち上げに取り組んでいます。もともとは日本時間の8月29日に打ち上げられる予定でしたがエンジンに問題が発生したため延期、4日未明の打ち上げも燃料漏れなどで再延期になりました。次の打ち上げ予定日について、NASAは今週に詳細を説明すると発表しています。

今回のミッションは、NASAが主導して欧州宇宙機関 (ESA) 、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 、カナダ宇宙庁 (CSA) 、オーストラリア宇宙庁 (ASA) などが参加する国際プロジェクトの有人月面探査計画「アルテミス計画」の第1弾です。

アルテミスとは、ギリシア神話に登場する月の女神の名前です。1969年から72年にかけて計6回の有人月面着陸に成功した「アポロ計画」の由来である太陽神アポロンと双子とされています。当初の計画では、2024年までに「最初の女性を、(アポロ計画以来の)次の男性を」月面に着陸させる予定でした。

アルテミス計画と月面探査について、概観しましょう。

スペースシャトルの後継

17年12月、ドナルド・トランプ米大統領(当時)は、月探査計画を承認する宇宙政策指令第1号に署名しました。それを受けて、19年5月にアルテミス計画の詳細が発表されました。

当初は20年に「アルテミス1」で月の無人周回飛行、22年に「アルテミス2」で有人周回飛行を実施。24年に「アルテミス3」で、初の女性飛行士を含む有人月面着陸を行うというスケジュールでした。

現在は全体的に2年ほど計画が先送りになっていますが、急ピッチで遅れを取り戻そうとしています。宇宙開発の研究者からは「最近、少し急ぎすぎているのではないか」と懸念の声も上がっています。

アルテミス計画が前のめりになる理由の一つとして考えられるのは、近年の月探査における中国の台頭です。13年に月面着陸に成功すると、19年には世界で初めて月の裏側に着陸。20年には、中国初のサンプルリターンに成功しました。アメリカは月探査のフロンティアとして負けられないと、焦りがあるのかもしれません。

最新の予定では、直近に打ち上げるアルテミス1で無人状態での月飛行の安全性が確認されれば、24年にはアルテミス2、25年にはアルテミス3が実施されます。アルテミス3の前に民間宇宙開発企業によって月周回軌道上に小型宇宙ステーション「ゲートウェイ(Gateway)」を設置して、月面着陸に臨む宇宙飛行士らの拠点にする計画もあります。

アルテミス1で打ち上げられる新型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」は、81年から11年まで135回打ち上げられて退役したスペースシャトルの後継機の位置付けです。宇宙飛行士と探査船などの装置を目的地へ運ぶ役割を果たします。直径8.4メートルの二段ロケットで、エンジンを5基に増加すると最大で130トンを積載することが可能です。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

メルセデス、中国パートナーとの提携に投資継続 「戦

ビジネス

日経平均は大幅反落800円超安、前日の上昇をほぼ帳

ビジネス

焦点:国内生保、24年度の円債は「純投資」目線に 

ビジネス

ソフトバンク、9月30日時点の株主に1対10の株式
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 9

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 10

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story