コラム

こびる習近平をプーチンは冷笑? 中国・ロシア「対米共同戦線」の同床異夢

2019年06月18日(火)15時00分
こびる習近平をプーチンは冷笑? 中国・ロシア「対米共同戦線」の同床異夢

サンクトペテルブルク大学名誉博士号を授与される習近平 DMITRI LOVETSKYーPOOLーREUTERS

<名誉博士号と通信技術の交換で首脳同士は親密化するが、中国の経済進出と環境破壊にロシア市民は我慢も限界>

6月28~29日に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を前に、中国とロシアが対米共同戦線の動きを強めている。

中国の習近平(シー・チンピン)国家主席が6月5~7日にロシアを訪問した。プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン宮殿で習を歓迎した後、そろってサンクトペテルブルク入りした。

習は13年3月の国家主席就任直後から「私たちは性格が似ている」とプーチンにこびた末、15年5月に両国は「全面的戦略協力パートナーシップ」を宣言。今回の会談ではパートナーシップの発展をうたった。

16年のG20杭州サミット時に、基調演説で漢字を読み間違い失笑を買った習と、元KGB(国家保安委員会)要員でドイツ語が流暢なプーチン。ロシアは「似ているわけがない」と冷笑しながらも、国益から「老朋友(旧友)」をもてなしたのだろう。

2人はサンクトペテルブルクに保存されている巡洋艦アウロラに乗船した。1917年のロシア革命は同艦による帝都の冬宮砲撃で始まった。習はこの由緒あるアウロラを「中国人民にとって特別な意味がある」と激賞。「革命の号砲がマルクス主義を中国に届け、中国共産党が誕生した」と、ロシアとの特別な政治関係を強調した。

バイカル湖の聖水に触手

さらにプーチンは習に母校サンクトペテルブルク大学の名誉博士号を授与させた。4月に習の母校・清華大学がプーチンに名誉博士号を授与したことに対する返礼だ。授与式で習は、互いの母校の優秀さを強調し、両大学がそれぞれの国家元首に名誉博士号を授与したことは、「両国関係が高いレベルにあることを表している」と、喜びを語った。中国当局は早速、習の名誉博士号授与であたかも「中華民族」の地位も上がったかのように国内向けに宣伝している。

中国がロシアに熱い視線を注いでいるのに対し、プーチンの膝元のロシア社会は中国が好きになれない。市場で売られている中国製品は相変わらず粗悪品ばかりで、市民の多くは「ロシア人は収入が低いとみられてバカにされている」と捉えている。

特にロシア人が我慢できないのが環境破壊だ。シベリアの森林を伐採しては木材を次々と中国へ運ぶ。伐採後、凍土層は日照りを受けて砂漠化し、その面積は日ごとに増えている。シベリアの水がめとされるバイカル湖にも中国の触手が伸びてきた。「北極と永久凍土層からの聖水」と宣伝して売ろうとする中国企業に反対運動が発生。工場建設の違法性をめぐって争いが起きている。

プロフィール

楊海英

(Yang Hai-ying)静岡大学教授。モンゴル名オーノス・チョクト(日本名は大野旭)。南モンゴル(中国内モンゴル自治州)出身。編著に『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』など <筆者の過去記事一覧はこちら

ニュース速報

ビジネス

スズキもインドで呼吸器・マスク・防護服生産、トヨタ

ビジネス

英BP、2020年の設備投資を25%削減 米シェー

ビジネス

JAL、国際線夏ダイヤで8割超減 コロナで403便

ビジネス

中国、EV生産規制の緩和や排ガス規制延期を検討=関

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問題行動が責められないのはなぜか

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 9

    緊急公開:人類と感染症、闘いと共存の歴史(全文)

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 4

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 10

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    ついに日本は終わった

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!