コラム

こびる習近平をプーチンは冷笑? 中国・ロシア「対米共同戦線」の同床異夢

2019年06月18日(火)15時00分
こびる習近平をプーチンは冷笑? 中国・ロシア「対米共同戦線」の同床異夢

サンクトペテルブルク大学名誉博士号を授与される習近平 DMITRI LOVETSKYーPOOLーREUTERS

<名誉博士号と通信技術の交換で首脳同士は親密化するが、中国の経済進出と環境破壊にロシア市民は我慢も限界>

6月28~29日に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を前に、中国とロシアが対米共同戦線の動きを強めている。

中国の習近平(シー・チンピン)国家主席が6月5~7日にロシアを訪問した。プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン宮殿で習を歓迎した後、そろってサンクトペテルブルク入りした。

習は13年3月の国家主席就任直後から「私たちは性格が似ている」とプーチンにこびた末、15年5月に両国は「全面的戦略協力パートナーシップ」を宣言。今回の会談ではパートナーシップの発展をうたった。

16年のG20杭州サミット時に、基調演説で漢字を読み間違い失笑を買った習と、元KGB(国家保安委員会)要員でドイツ語が流暢なプーチン。ロシアは「似ているわけがない」と冷笑しながらも、国益から「老朋友(旧友)」をもてなしたのだろう。

2人はサンクトペテルブルクに保存されている巡洋艦アウロラに乗船した。1917年のロシア革命は同艦による帝都の冬宮砲撃で始まった。習はこの由緒あるアウロラを「中国人民にとって特別な意味がある」と激賞。「革命の号砲がマルクス主義を中国に届け、中国共産党が誕生した」と、ロシアとの特別な政治関係を強調した。

バイカル湖の聖水に触手

さらにプーチンは習に母校サンクトペテルブルク大学の名誉博士号を授与させた。4月に習の母校・清華大学がプーチンに名誉博士号を授与したことに対する返礼だ。授与式で習は、互いの母校の優秀さを強調し、両大学がそれぞれの国家元首に名誉博士号を授与したことは、「両国関係が高いレベルにあることを表している」と、喜びを語った。中国当局は早速、習の名誉博士号授与であたかも「中華民族」の地位も上がったかのように国内向けに宣伝している。

中国がロシアに熱い視線を注いでいるのに対し、プーチンの膝元のロシア社会は中国が好きになれない。市場で売られている中国製品は相変わらず粗悪品ばかりで、市民の多くは「ロシア人は収入が低いとみられてバカにされている」と捉えている。

特にロシア人が我慢できないのが環境破壊だ。シベリアの森林を伐採しては木材を次々と中国へ運ぶ。伐採後、凍土層は日照りを受けて砂漠化し、その面積は日ごとに増えている。シベリアの水がめとされるバイカル湖にも中国の触手が伸びてきた。「北極と永久凍土層からの聖水」と宣伝して売ろうとする中国企業に反対運動が発生。工場建設の違法性をめぐって争いが起きている。

プロフィール

楊海英

(Yang Hai-ying)静岡大学教授。モンゴル名オーノス・チョクト(日本名は大野旭)。南モンゴル(中国内モンゴル自治州)出身。編著に『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』など <筆者の過去記事一覧はこちら

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!