World Voice

powerd_by_nw

スタートアップ超大国 インド~ベンガルールからの現地ブログ~

永田賢|インド

COVID19下でのベンガルールのクリスマス

筆者撮影、ベンガルール市内

そろそろクリスマスの時期ではありますが、私の周りでは、日本や欧米のそれと比べて、クリスマスをあまり感じることができません(苦笑)

もちろん、お店によっては、クリスマスデコレーションやクリスマス商戦向けの仕様を見ることができますが(;´・ω・)

1608477666609.jpg

(ベンガルール市内、筆者2020年12月撮影)

1.インドの「ディワリ」

どちらかといえば、10-11月の「ディワリ」シーズンの方がお祭り感を体感することができました。

この「ディワリ」はインドの1年で最も重要なお祭りで、暗闇に対する光の勝利、無知に対する知識の勝利、悪に対する善の勝利を祝う時として祭事が実施されます。ディワリは5日間であるとされ、その間に祈り、祝宴、花火、家族の集まり、慈善活動などが行われます。

ディワリはまた、新しい年の始まりでもあると考えられています。

このディワリはサンスクリット語で「光の列」を意味するdipavaliから派生したものであると言われています。

以下は、やや昔の写真ですが、ディワリを祝うために「ランゴリ―」と呼ばれる幾何学模様の砂絵となっています。ディワリ祝いの際によく描かれます。

作り手によって模様や色合いが異なり、日本では滅多に見ることができない「美」の一例だと言えるでしょう。

写真の説明はありません。

(筆者撮影、2017年10月、ベンガルールにて)

ディワリシーズンも渡印してからもう4度目になりますが、今回はCOVID19の流行もあるので濃厚接触を避けるためにお祝いも例年に比べて控えめになるかと想定していましたが、そうでもありませんでした。

例年、爆竹と花火でひたすらどんちゃんどんちゃんお祝いが実施されますが、今年も例年に負けず劣らず、夜中までお祭りモードでした。

毎年感じているのですが、これだけ煙や爆竹がさく裂したら、大気汚染が悪化するのではないかと懸念しています。

1608477278898.jpg

1608477278879.jpg

(筆者撮影、花火と煙だらけになった街中の様子。2020年11月撮影)

祭事シーズンに伴い、濃厚接触が増えて感染者数が爆増するのではないかという懸念もありましたが、11月19日から12月19日のデータを見てみると、そこまで爆増している傾向は見せてないです。

【グラフ】1日ごとの新規感染者増加数(青)と7日移動平均線(オレンジ)

(元データ:Coronavirus Outbreak in India - covid19india.org より筆者グラフ作成)

統計自体、もう気にしていませんでしたが、改めて見ていると、一日平均5万人から8万人の新規感染者数を記録していた時期と比べると数そのものが減ってきているように感じられます。

ディワリで感染者が爆増するかという懸念も報道されていましたが、このままリビングウィズコロナを続けていき、どうなることでしょうか、注視が必要です。

2.ベンガルールでのクリスマス

さて、クリスマスに話を戻しますと、今年も例年通りクリスマス需要を喚起すべく、ホテルやレストランがクリスマスプランを提示してきています。

CONRAD Bangalore

Shangri-La Bangalore

Oberoi

VIVANTA

大型モールでもところどころ、クリスマス感を出している店舗もあります。

1608477666596.jpg

(筆者撮影、2020年12月、ベンガルール市内にて)

オンラインを見てみると、Amazonを筆頭にクリスマス商戦の準備は万端のようです。