コラム

日本横断徒歩の旅 内村コースケ
日本横断徒歩の旅 内村コースケ

『窓ぎわのトットちゃん』の楽園で、「徒歩の旅」の先人に出会う

第24回 安曇追分駅 - 南大町駅 <令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくこと

2021.03.11
日本横断徒歩の旅 内村コースケ

日本食を芸術へと高める「ワサビ」の里 山と海をつなぐ安曇野を歩く

第23回 穂高駅 → 安曇追分駅 <令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことに

2021.01.22
日本横断徒歩の旅 内村コースケ

わさび田の清水を求めて 「日常の観察者」として今日も歩く

第22回 北松本駅 → 穂高駅 <令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことにな

2020.11.12
日本横断徒歩の旅 内村コースケ

楽都・松本 音楽情操教育「スズキ・メソード」はここから世界に広まった

第21回 平田駅 → 北松本駅 <令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことにな

2020.09.15
日本横断徒歩の旅 内村コースケ

標高日本一の空港の「微妙な立ち位置」 交通の要衝・塩尻から松本へ

第20回 みどり湖駅 → 平田駅 <令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことに

2020.09.04
日本横断徒歩の旅 内村コースケ

カイコからコロナワクチンも? 栄枯盛衰の「シルク岡谷」で伝統産業の未来に触れる

第19回 下諏訪駅 → みどり湖駅 <令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくこと

2020.07.10
日本横断徒歩の旅 内村コースケ

日本の中心は諏訪にあり 「原日本」を求めて諏訪大社の秘密に迫る

第18回 諏訪大社上社参道 → 下諏訪駅 <令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いてい

2020.05.20
日本横断徒歩の旅 内村コースケ

霧ヶ峰で古代の自然信仰に出会う 「歩く」ことで人生の歩みを再確認

第17回  白樺高原 → 諏訪大社上社参道 <令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いて

2020.03.23
日本横断徒歩の旅 内村コースケ

八ヶ岳山麓、諸星大二郎『暗黒神話』の地で縄文と諏訪信仰に触れる

第16回 富士見高原スキー場 → 白樺高原 <平成が終わった2019年から東京オリンピックが開催される2020年にかけて、日本は変革期を迎え

2020.02.26
日本横断徒歩の旅 内村コースケ

移住者人気No.1の北杜市 シャッター街と馬がいる理想郷を抜けて

第15回 長坂駅 → 富士見高原スキー場 <平成が終わった2019年から東京オリンピックが開催される2020年にかけて、日本は変革期を迎える

2020.01.10

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 6

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 7

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 8

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 9

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 10

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    青色の天然着色料が発見される

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中