コラム

小金井女子学生刺傷事件と「アイドル」偏向報道

2016年05月30日(月)16時20分
小金井女子学生刺傷事件と「アイドル」偏向報道

Cesare Andrea Ferrari-istock

<小金井市で起きた女子大学生刺傷事件は、当初、アイドルの構造的な問題として報道されることが多かった。そうした偏向報道は、どうして生み出されるのか>

経済問題の議論でもあるマスコミの偏向報道

 経済問題を議論しているとマスコミの報道姿勢がしばしば問題になることが多い。経済学の常識がまったく通じないか、あるいは偏向といえるような報道がなされることが多々ある。

 このような「偏向報道」はなぜ生じるのだろうか? しばしば指摘されるのが、1)既得利益、2)既得観念 というふたつの要因だ。前者は、報道する側の金銭的利害が直接に報道をゆがめてしまい、公正とはいえない一方的な断定を行ってしまうことだ。例えば日本のマスメディア(特に大新聞)が、消費増税について事実上の支持を打ち出すのは、軽減税率を優先的に自分たちの新聞に適用することを望むからかもしれない。また二番目の既得観念とは、特定のバイアス(偏見)が、報道の作り手や組織に固着してしまい、報道の成果に直接の影響を与えることをいう。

 経済問題でしばしばみられるのは、市場で価格が決まっていたとしても、それを特定の生産者や消費者の「強欲」のせいにすることで犯人捜しをする報道姿勢(反市場バイアスともいう)がある。私が見聞したケースでは、「貿易赤字」よりも「貿易黒字」の方がいいとか、「円安」よりも「円高」の方がいいという語感にまつわる報道上のバイアスである。同様に「物価下落」はモノの値段が下がるから"いい"というバイアスもある。だが、物価下落は日本の現状では、不景気のシグナルに等しいので、個々人の生活の悪化をもたらしてしまうだろう。

不適切なアイドル呼称報道

 このような既得利益や既得観念で、報道内容が歪んでしまうのは、なにも経済問題だけではない。
 最近、女子大生冨田真由さんを、暴漢が襲い、刺傷してしまうという事件が東京小金井で起きた。冨田さんはこの原稿を書いている時点では、いまだ意識不明の重体が伝えられている。冨田さんは大学に通うかたわら、シンガーソングライターとして活動を続けていた。そのライブのために訪れた会場の入り口近くで、岩埼友宏容疑者に襲われてしまった。

 岩埼容疑者は常日頃から執拗に冨田さんに直接会うことで、もしくはSNS(twitterやブログなど)でつきまとい行為をして嫌がらせを継続していた。その挙句の犯罪である。まことに卑劣きわまる事件であり、被害にあわれた冨田さんとそのご家族、ご友人の皆さんには心からのお見舞いと、また冨田さんの一刻も早い快癒を念じています。

 この凄惨な事件について、テレビや新聞などの報道はかなり混乱していた。特に冨田さんの活動を「アイドル」もしくは「地下アイドル」ととらえることで、アイドルや地下アイドルの世界固有の特徴が生み出した構造的な問題だと、マスコミの多くが当初から報道していた。冨田さんの活動の履歴の中に、アイドル活動が過去に含まれていたことは事実ではあるが、事件当時の彼女はシンガーソングライターとしての活動であり、アイドルと呼称することは妥当ではない。この点は事件の報道が続く中で、かなり早い段階で、インタビュアーでアイドルにも詳しい吉田豪氏からマスコミのアイドル呼称報道への批判が行われていた。

プロフィール

田中秀臣

上武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。
1961年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は日本経済思想史、日本経済論。主な著書に『AKB48の経済学』(朝日新聞出版社)『デフレ不況 日本銀行の大罪』(同)など多数。近著に『ご当地アイドルの経済学』(イースト新書)。

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!