最新記事
天体観測

土星の環が消失?「天体の不思議」土星の素敵な環を観測したいなら今がベストタイミング

No More Rings Around Saturn?

2023年12月1日(金)17時35分
ジョンティ・ホーナー(豪サザンクイーンズランド大学教授)
土星の環

約15年に1度、土星の環は地球上から見えなくなる NASA/JPL-CALTECH/SPACE SCIENCE INSTITUTE

<土星の環が2025年にはほとんど見えなくなる。その背後にある科学を理解し、晩秋の夜長に望遠鏡を手にして夜空を見上げてみれば、天体の奇跡のトリックが見えてくる>

望遠鏡を手に夜空を眺めたとき、最も壮麗な光景を楽しめる天体といえば、巨大な環をまとった惑星、すなわち土星だろう。

筆者のいるオーストラリアでは、今が土星の見頃だ(編集部注:日本でも12月頃まで見える)。日没後、最も高い位置に昇ったときが理想的なタイミング。望遠鏡や高性能な双眼鏡を使えば、太陽系第6惑星とその有名な環を観測できる。

だが最近、ソーシャルメディアには土星の環に関する不穏な記事が出回っている。土星の環が急速に消えかけており、2025年までに消滅してしまうというのだ。

どういうことか。宵の空に土星がくっきり見えるのは年末までだが、もしかして、あの立派な環は今年が見納めなのか?

ご心配なく。25年に土星の環が地球からほとんど見えなくなるのは事実だが、これは驚くべきことではないし、パニックになる必要もない。しばらくすれば、環はまた見えるようになる。なぜか?

土星の見え方は年によって変わる。土星も地球も「公転」しているからだ。地球は常に、太陽の周囲を回る旅を続けている。そのせいで季節があり、冬から春、夏から秋へと巡り、また繰り返す。

季節はなぜ変わるのか。簡単に言えば、太陽から見ると、地球が一方に傾いているからだ。地球の赤道は軌道面から約23.4度傾いている。

その結果は? 地球は太陽の周りを移動しながら、片方の半球ともう片方の半球を交互に太陽の方角に向けており、太陽側に傾いた半球では昼が夜より長くなり、春と夏になる。一方、太陽から遠ざかった半球では昼が短く夜が長くなり、秋と冬になる。

太陽の側から見ると、地球は公転を続けながら交互に別な半球を向けていることになり、顔を上下に動かしているように見えるはずだ。

さて、土星にも地球と同じように四季があるが、公転周期が長い(29.5年)ので、季節の長さは地球の29倍以上になる。また地球の赤道が軌道面に対して約23.4度傾いているのと同様、土星の赤道も26.7度ほど傾いている。

つまり太陽から見ると、土星も顔を上下に動かしているように見える。地球から見ても同じだ。

環の向きで変わる見え方

では、土星の環はどうか。

あの環は氷やちり、岩石で構成された複雑なシステムで、土星の表面から28万キロも離れた空間にまで広がっている。

ただし、環の厚みは極めて薄く、だいたい数十メートル程度だ。環は土星の赤道の真上を回っているので、土星の公転軌道に対しては同様に26.7度ほど傾いている。

この傾きが土星の環を消す。環の厚みが非常に薄いため、遠くから見ると、角度によっては面ではなく細い線にしか見えない。

この現象を理解するには、一枚の紙を手に取ってみるといい。目の高さで紙を水平に保持すると、紙の面は見えず、細い線にしか見えない。

土星の環も同じだ。

土星が公転軌道のどこにあるかで、その見え方は変わる。軌道を半周する間は土星の北半球が地球の側に傾き、その環も北側の面がこちらに傾く。

土星が太陽の反対側にいるときは、南半球が地球の側を向いている。同様に、土星の環も南の面がこちら側に傾いた状態で見える。

この仕組みを目で理解する最もいい方法は、やはり紙を使うことだ。

紙を水平に、つまり地面と平行にして、目の高さに掲げよう。次に、紙を地面に向かって少し下に傾けると、紙の上面が見える。紙を目線より上に戻すと、今度は裏面が見える。

しかし目線と水平になった瞬間には、紙の面は全く見えなくなる。

これが土星の環の見え方だ。

土星の季節が進むにつれて見え方が変わり、地球から環の南側が見える状態から北側が見える状態に移行する。その後はまた、環の南側が見える状態に戻る。

つまり、土星の公転周期には2度、その環が地球に対して水平になるタイミングがあり、その時期には地球からは環が消えたように見える。

この現象が2025年に起きる。

私たちが環を水平方向から見ることになるので、環は限りなく細い線になり、「消えて」しまう。

この現象は定期的に起きる。前回は2009年で、数カ月かけて徐々に再び環が見えるようになった。

今回は25年3月に、環が地球から見えない位置にくる。その後、大型望遠鏡であれば少しずつ見える状態になるが、25年11月には再び見えなくなる。

しかし、しばらくするとまた見えてきて、数カ月待てば、また大型の望遠鏡なら見えるようになる。だから心配は無用だ。

結論。土星の素敵な環を観測したいなら今がベストタイミング。

今を逃したら、次にくっきり見えるのは早くても27年か28年だ。

The Conversation

Jonti Horner, Professor, University of Southern Queensland

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

20240305issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年3月5日号(2月27日発売)は「世界が愛した小澤征爾」特集。[保存版]巨匠・小澤征爾、88年の軌跡。[独占インタビュー]佐渡 裕/イツァーク・パールマン

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 4

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 5

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 10

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 10

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中