最新記事

台湾

台湾有事のタイミングを計る「一島三峡」とは? 中国侵攻に日本はどう備えるか

ONE ISLAND, THREE WATERWAYS

2023年7月14日(金)11時30分
野嶋 剛(ジャーナリスト、大東文化大学教授)
台湾海軍の演習

台湾や日米は中国の侵攻を防げるのか(台湾海軍の演習、昨年1月) I-HWA CHENGーBLOOMBERG/GETTY IMAGES

<バシー・宮古両海峡での中国軍の活発な活動は、侵攻準備が万端になりつつあることを示している。本誌「『次のウクライナ』を読む 世界の火薬庫」特集より>

「一島三峡」。中国の台湾制圧において、最近しばしば中国側から語られるキーワードだ。意味は「一つの島と三つの海峡」。具体的には「一島」が台湾本島、「三峡」は中国と台湾の間の台湾海峡、そしてバシー海峡と宮古海峡を指す。

これまで台湾への武力行使の「戦場」として想定されていたのは、主に台湾本島と台湾海峡だった。しかし、中国の視線は既にその先にある。特に現在、中国軍の活動が急激に活発化しているのが台湾南方のバシー海峡、そして日本の領土・領海と目と鼻の先にある宮古海峡だ。

いずれも中国が設定した軍事防衛ラインである「第1列島線」の上に位置し、中国軍にとっては、そこを押さえられれば地理的に自身の行動が封じ込められる、いわゆる「チョークポイント」に当たる。逆に両海峡を突破すれば、念願の太平洋への全面展開が可能となる。

バシー海峡では第2次大戦で、日本の補給船が次々と沈められた。台湾南部とフィリピンのルソン島の間に位置し、海上交通の要衝なのは地図を見れば一目瞭然だ。アメリカが南シナ海や東シナ海に入ろうとすれば、バシー海峡を経由するのが一番早い。中東の原油などのエネルギーもバシー海峡を通って日本へ運ばれる。アメリカはここでふたをして中国海軍を第1列島線から出ていけないようにし、中国はバシー海峡を抜ければもうグアム、ハワイまで遮るものはなくなる。

230718P26_MAP_01v2.png

台湾有事の兆候が何かあるとすれば、このバシー海峡がまずは発火点になるだろう。ここ数年、中国空軍の出撃で一番目立つのが、台湾の防空識別圏に侵入してこの海峡から太平洋側に抜けるルートを飛ぶ行動だ。

もう1つの宮古海峡は沖縄本島と宮古島との間にあり、海峡幅は200キロ以上とかなり広い。領海に含まれない公海部分も大きく、中国艦船が近年、宮古海峡を抜けて太平洋に出る訓練を盛んに行っている。その際、海深や海流、日本の自衛隊基地がある南西諸島の地形把握などの情報収集も行っているとみられる。

両海峡を狙う理由は、ひとえに台湾の東海岸を押さえることを目的としている。中国の台湾侵攻にとって台湾東側の攻略は不可欠だからだ。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国新規銀行融資、4月は予想を大幅に下回る M2伸

ワールド

仏総選挙、極右勝利なら金融危機も 財務相が警告

ビジネス

三菱UFJ銀と系列2証券に処分勧告、違法に情報共有

ビジネス

ECB、指標が予想通りなら利下げ継続可能=ラトビア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 8

    ジブリの魔法はロンドンでも健在、舞台版『千と千尋…

  • 9

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    カラスは「数を声に出して数えられる」ことが明らか…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中