最新記事

動物

ニシキヘビ、子ポッサムの前で母を絞め殺し捕食 豪

2023年3月20日(月)19時20分
若道いつき

(写真はイメージです) Frances Lawlor-shutterstock

<捕獲業者が到着した時には、母ポッサムはすでにヘビの腹の中に>

13日夜、オーストラリア東部ハービーベイ在住の女性はベランダから聞こえてきたただならぬ物音により夕食を中断せざるを得なくなった。猫サイズのポッサムが約2メートルのコースタルカーペットニシキヘビに巻き付かれ、絞め殺されているところだった。

通報を受けた地元のヘビ駆除業者「ハービーベイ・スネーク・キャッチャーズ」のドリュー・ゴドフリーが現場に到着したときにはすでに「食事」が済んでおり、胴体の一部がもっこり膨らんでいるのが映像から分かる。

【動画】ポッサムを締め殺し、捕食するニシキヘビ(閲覧注意)

このヘビは豪東海岸に多く生息しており、毒はないが強力な締め付けによって獲物を殺して捕食する。「嫌がらせをしない限り人を襲うことはない」とゴドフリーは言う。

また、ゴドフリーはヘビを捕獲するとともに生後4カ月ほどの幼いポッサムが近くの垂木で震えているのを発見した。この赤ちゃんはヘビに呑まれたポッサムの子供と思われ、現場で撮影した動画で彼は「まだ数カ月はミルクがいるだろうし、このポッサムには母親が必要だ」と語っている。

ハービーベイ・スネーク・キャッチャーズのフェイスブック投稿によると、保護されたポッサムの子供は、怪我をしたり孤児になった野生動物のリハビリを行う「イーストコースト・エキゾチック・ヘブン」に運ばれケアを受けているという。

20230613issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年6月13日号(6月6日発売)は「最新予測 米大統領選」特集。トランプ、デサンティス、ペンス……名乗りを上げる共和党候補。超高齢の現職バイデンは2024年に勝てるのか?

動物

【動画】子ポッサムの前で母を締め殺し、捕食したニシキヘビ(閲覧注意)

2023年3月20日(月)17時05分
ポッサムを絞め殺すニシキヘビ

Hervey Bay Snake Catchers-YouTube

<猫くらいの大きさのポッサムがコースタルカーペットニシキヘビに締め殺され、捕食される映像が撮影された>

本文を読む
動物

少女は熊に9年間拉致され、人間性を失った...... 「人さらい熊」の目的とは?

2023年3月17日(金)14時30分
中山茂大(ノンフィクション作家・人力社代表) *PRESIDENT Onlineからの転載
熊の親子

*写真はイメージです Diego Cottino - shuttrerstock


熊にとって人間はどのような存在なのだろうか。ノンフィクション作家の中山茂大さんは「人を襲うだけでなく、人間を愛でることもある。熊が子どもをさらって育てようとした事件が多数報告されている。中には9年間熊に育てられたケースもある」という――。

本文を読む

「カルタヘナ法」違反で初逮捕 遺伝子改変メダカとメダカブームの道のり

2023年3月14日(火)12時30分
 メダカ

2000年代前半に品種改良が盛んになり、07年の「幹之(みゆき)」の登場で高級メダカブームに(写真はイメージです) Koichi Yoshii-iStock

<高値で販売されていた「赤く光るメダカ」はどのようにして市場に現れたのか。品種改良の歴史と高級メダカブーム、野に放つ危険性とともに紹介する>

本文を読む
軍事

オーストラリア、30年代に最大5隻の原潜配備 米英と中国の影響拡大に対抗

2023年3月14日(火)10時00分
サンディエゴ海軍基地に並ぶバイデン米大統領、アルバニージー豪首相、スナク英首相

米英豪首脳は3月13日、3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」において、オーストラリアに次世代原子力潜水艦を提供する計画の詳細を発表した。写真はバイデン米大統領、アルバニージー豪首相、スナク英首相ら。米太平洋艦隊の主要母港であるサンディエゴ海軍基地で撮影(2023年 ロイター/Leah Millis)

米英豪首脳は13日、3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」において、オーストラリアに次世代原子力潜水艦を提供する計画の詳細を発表した。インド太平洋地域における中国の影響力拡大に対抗する。

本文を読む
動物

人知れず一戦交えるアライグマと飼い猫 勝者は?

2023年3月12日(日)09時45分
若道いつき
猫とアライグマ

(写真はイメージです) Sonsedska-iStock

<どこからかやってきたアライグマに対し、ガラス越しに鬼の形相を見せる白黒猫>

本文を読む

ニュース速報

ワールド

バイデン氏支持率41%、債務問題解決でも横ばい=世

ビジネス

中国不動産市場、支援策の奏功には時間が必要=政府系

ビジネス

トルコリラ急落、介入から変動容認の当局方針変化を示

ビジネス

英スナク政権、総選挙前の減税余地ほとんどない OE

MAGAZINE

特集:最新予測 米大統領選

2023年6月13日号(6/ 6発売)

トランプ、デサンティス、ペンス......名乗りを上げる共和党候補。超高齢の現職バイデンは2024年に勝てるのか

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 2

    性行為の欧州選手権が開催決定...ライブ配信も予定...ネット震撼

  • 3

    ワグネルは撤収と見せかけてクーデーターの機会を狙っている──元ロシア軍情報部門将校 

  • 4

    自社株買いでストップ高!「日本株」の評価が変わり…

  • 5

    元米駆逐艦長が「心臓が止まるかと」思ったほど危機…

  • 6

    メーガン妃が「絶対に誰にも見られたくなかった写真…

  • 7

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 8

    プーチンは体の病気ではなく心の病気?──元警護官が…

  • 9

    マーサ・スチュワート、水着姿で表紙を飾ったことを…

  • 10

    ワグネルに代わってカディロフツィがロシアの主力に…

  • 1

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止できず...チャレンジャー2戦車があっさり突破する映像を公開

  • 2

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 3

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで追い込まれた? 迫る「決断の日」

  • 4

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向…

  • 5

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 6

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大20…

  • 7

    【ヨルダン王室】世界がうっとり、ラジワ皇太子妃の…

  • 8

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 9

    どんぶりを余裕で覆う14本足の巨大甲殻類、台北のラ…

  • 10

    ウクライナ側からの越境攻撃を撃退「装甲車4台破壊、戦…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 5

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 6

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 7

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 8

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

  • 9

    預け荷物からヘビ22匹と1匹の...旅客、到着先の空港…

  • 10

    キャサリン妃が戴冠式で義理の母に捧げた「ささやか…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中