最新記事

北朝鮮

北朝鮮軍の「エロい」訓練動画に世界が困惑!

North Korea's 'Erotic' Propaganda Video Leaves Viewers Confused

2023年2月22日(水)17時54分
ジェラード・カオンガ

ハリウッド映画をマネたつもり?北朝鮮軍の宣伝動画からのスクリーンショット KOREAN PEOPLE'S ARMY

<立て続けに弾道ミサイルをぶっ放して世界を脅しておきながら、裸、裸、裸のマッスル訓練にいったいなんの意味があるのだろう? ひょっとしてエロさで軍の魅力をアピール中?>

雪の中で体を鍛え、厳しい訓練を行う北朝鮮の兵士の姿を描いた動画が、ネット上で拡散されている。肉体を強調したその描写に当惑し、「エロ動画」と評する声もあがっている。

グローバル・ミリタリー・インフォというツイッターページが2月10日に投稿した約1分間の映像は、これまでに43万4000回以上再生された。

登場するのは、上半身裸の兵士たち。雪と氷に覆われた厳寒の地で戦闘訓練や、肉体の持久力、筋力を強化するトレーニングを行う姿を見せつける。スローモーションで兵士の筋肉をクローズアップした映像も多数収録されている。

【動画】北朝鮮初の「ゲイポルノ」と見まごう筋肉編と武装編

いかにもプロパガンダらしいこの動画には、筋肉隆々の身体を曲げるだけで巻き付けた鎖がちぎれる、パンチとハンドチョップで氷の板を割る、といった真偽が疑わしい描写もある。

SNSユーザーからは、北朝鮮が現代の戦争に備える上で、この訓練が何の役に立つというのか、という疑問の声があがっている。戦場で敵の兵士が殴り合うほど近くにいることはまずないのだから。

あるパロディ専門のツイッターアカウントは、この動画について、「少しばかりエロティックに見える」とコメントしている。

米韓合同演習への警告

天体物理学博士でソフトウェア・エンジニアのピーター・ヘイグも、ツイッターでこの動画を嘲笑した。「木の束を殴り、シャツを脱いで雪の中を長い間這いまわれば、大砲やミサイルに対する免疫ができるらしい」

ユーザーのマイケル・マーティンはこんなジョークを投稿した。「私は騙されて韓国のゲイポルノの予告編を見てしまったのか?」

北朝鮮は2月20日に短距離弾道ミサイルを2発発射し、地域の緊張をさらに高めた。ミサイルは現地時間の午前7時ごろに発射され、日本海に落下した疑いがあると報じられている。

日本の防衛省によると、1発目のミサイルの飛行距離は約400キロ、2発目は約350キロだったという。

20日の実験は、北朝鮮の核攻撃能力を強化し、兵器としての信頼性を確保するために実施された、と北朝鮮の国営メディアは発表した。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の妹、金与正(キム・ヨジョン)は最近、周辺地域における韓国とアメリカの合同軍事演習やミサイル試射について警告を発した。

「われわれが太平洋を射撃場として活用する頻度はアメリカ軍の行動の性質次第だ」と、彼女は述べた。「最近、朝鮮半島地域でのアメリカ軍の戦略的打撃手段の動きが活発になっていることを、われわれはよく知っている」

20240730issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月30日号(7月23日発売)は「トランプ暗殺未遂」特集。前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不

ビジネス

豪ANZ、市場操作の証拠なし 国債取引額の過大報告
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中