最新記事

ロシア軍

ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

Russian Draftee Killed After Grenade Launcher Misfires

2022年12月8日(木)12時07分
ブレンダン・コール

プーチンの動員令で集まった予備役を待つ苛酷な運命(9月28日、ボルシスキー) REUTERS

<同僚の自動擲弾銃の暴発で命を落とした動員兵から原因不明の死まで、ロシア軍司令部は次の動員の成果に関わるとして隠蔽しようとしている?>

動員されたばかりのロシア軍兵士が訓練中に死亡する事故が起きた。仲間が撃ったグレネードランチャー(自動擲弾銃)の弾に当たったという。

この事故は12月5日、レニングラード州のルーガ近郊にある砲撃演習場でに起きたと、報道機関「アスタロージュナ・ノーボスチ」はテレグラムチャンネルで伝えている。当時兵士たちは2つに分かれ、一方は対戦車火器の砲撃演習を、もう片方はグレネードランチャーの試射を行っていた。

1人の兵士が「グレネードランチャーの制御を失い、あらゆる方向に撃ち始め」、一発の擲弾が37歳の兵士に命中。「頭部の負傷によりその場で死亡した」と、アスタロージュナ・ノーボスチは伝える。死亡した兵士は、ロシア北西部のボログダ州ボロク村から動員されたばかりだった。ロシア軍の検察と警察が事故の捜査にあたっている。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は9月21日、ウクライナでの戦争に向けて予備役30万人の動員令を発令した。軍事ブロガーや国営テレビはかねてから、この動員に伴う不満の声を報じてきた。新兵向けの装備や訓練は不十分で、報酬も満足に支払われていない。ロシア軍部隊の士気は下がる一方だというのだ。

予備役の招集が発表された後の数週間には、まだウクライナに到着もしないうちから、動員兵が原因不明、あるいは不可解な状況で死亡するケースが複数発生している。

訓練センターで3人死亡

ロシアのニュースサイト「イッツ・マイ・シティー」のテレグラムチャンネルによると、ロシア中部のスベルドロフスク州では、ある動員兵が酒を飲んだあとに自らの吐瀉物で窒息死した。同サイトによると、同様の事例は9月末から4件起きている。

10月には、シベリア地方にあるノボシビルスク高等軍事学校の敷地内で、兵士が遺体で発見された。ニュースサイト「Sibkray.ru」は近親者の話として、この兵士は「暴力的な行為の結果として」亡くなったと伝えている。

人権派の弁護士パベル・チコフは10月、動員令が出て以降の数週間で、少なくとも6人の新兵が亡くなったと述べた。うち3人は、スベルドロフスク州にある陸軍の訓練センターで亡くなったという。

ウクライナの情報機関であるウクライナ保安庁(SBU)は12月3日、ロシア軍の通信を傍受した結果として、ロシア軍司令部が召集兵の死因を隠していることが判明したと発表した。「新たな動員が始まる前に軍内部での暴動が発生するのを防ぐため」だという。

一方、アメリカの戦争研究所(ISW)は12月4日の戦況レポートで、ウクライナでの戦闘に動員されたロシア軍兵士の中で、命令に従わない者の数が増えており、司令官の命令に逆らったとして、最近になって数百人が身柄を拘束されたと伝えている。

(翻訳:ガリレオ)

20230207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年2月7日号(1月31日発売)は「日本のヤバい未来2050」特集。『未来の年表』河合雅司:人口減少の業界大予測/ケン・リュウ(SF作家):書き下ろし未来小説/ドミニク・チェン(情報学者):「老人支配」打破の処方箋

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU9カ国、原発由来水素を再生可能エネと認めるよう

ビジネス

独BMW、メキシコ工場に約8.7億ドル投じてEV化

ワールド

ウクライナ国防相が交代へ、後任に情報機関トップ

ワールド

米、撃墜した中国偵察気球の回収作業に着手

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月