最新記事

軍事

韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常飛行で落下爆発

2022年10月5日(水)17時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

韓国軍が北朝鮮への応報として発射したミサイルが落下爆発した YTN / YouTube

<北朝鮮を先制打撃できるミサイルのはずが......>

4日朝、北朝鮮が5年ぶりに日本上空を飛び越える弾道ミサイルを発射したが、これに対する対応措置として米韓両軍が4日深夜に複数のミサイル発射を実施した。ところが韓国側が発射した国産ミサイル「玄武2」が爆発する事故が発生した。文化日報など韓国メディアが報じた。

韓国軍合同参謀本部は会見で、5日「前日の夜、空軍第18戦闘飛行団近くの射撃場で北朝鮮の弾道ミサイル挑発に対する対応射撃として、米韓がそれぞれ地対地ミサイル「ATACMS」4発(米韓それぞれ2発)と韓国軍のミサイル「玄武2」1発の計5発を海上に発射した。この過程で「玄武2」1発が発射直後に異常飛行をして基地内に落下した」と発表した。

軍当局は「現在まで人命などの被害はなく、正確な原因は調査中である」と明らかにした。

ソウル五輪に合わせて開発された国産ミサイル

韓国国産ミサイル「玄武2」は韓国国防科学研究所が開発した短距離弾道ミサイル。1988年のソウルオリンピック開催に合わせて、北朝鮮による五輪妨害への抑止力として作られたが、米韓ミサイル指針により射程距離は180kmに抑えられた。

その後、北朝鮮の長距離弾道ミサイルが進化したことで米韓ミサイル指針が2001年に改正され、射程距離が300kmとなったことを受けて開発されたのが「玄武2」だ。現在は射程距離が300kmの「玄武2A」に加えて、射程距離がそれぞれ500kmと800kmの「玄武2B」「玄武2C」「同D」が実戦配備されている。

報道規制でさまざまな憶測を呼ぶ

今回の「玄武2」爆発事故と関して、韓国のネットには4日午後11時30分ごろから、韓国東部の江原道江陵市にある第18戦闘飛行団の付近で、巨大な爆発事故が起きたように炎が立ちのぼる映像が掲載された。ネットユーザーらの間では一晩中「北朝鮮が発射したミサイル?」「飛行機墜落事故か」「大型の爆発事故のよう」などこの爆発についての議論が続いた。

一部のネットユーザーは、「これは2015年に中国・天津港で起きた爆発事故の映像だ、誰かがいたずらで「江陵、爆発映像」とタイトルをつけて掲載したフェイクニュースだ」と主張したりもした。

韓米両軍の地対地ミサイル対応両軍については、5日午前の公式発表まで報道規制がされたため、ネットユーザーたちの論争を煽る形となったようだ。

【動画】韓国ミサイル「玄武2」、落下爆発を見る

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英景気後退、追加利上げでさらに深刻・長期になる恐れ

ワールド

米軍戦略爆撃機B─21レイダー公開、核搭載可能な「

ワールド

中国主席、欧米製ワクチン受け入れに否定的=米情報機

ワールド

ロシア産原油の上限価格は「不十分」、ウクライナ大統

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月