最新記事

ミャンマー

「本国送還なら死刑」 軍政批判したミス・ミャンマー、最後の選択は......

2022年9月28日(水)20時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

ミャンマーへ強制送還の危機にたったハン・レイ ATHIT PERAWONGMETHA / REUTERS

<母国を代表してステージに立った彼女は、苦渋の決断を突きつけられた>

国際ミスコンテストのステージ上から母国の軍政を批判したミス・ミャンマーが、本国へ強制送還される危機を免れた。

2021年3月にバンコクで開かれた「ミス・グランド・インターナショナル2020」の舞台で、クーデター後のミャンマーの惨状を伝え、国際社会に支援を訴えたミス・ミャンマーのハン・レイ。彼女は先週タイで突如入国を拒否され空港で拘束状態となっていた。バンコク・ポストが伝えた。

母国の窮状を涙ながらに訴えたハン・レイ

2021年の「ミス・グランド・インターナショナル2020」のファイナリスト20人の1人に選ばれたハン・レイは、1999年にミャンマーのミャワディで生まれ、ヤンゴン大学で心理学の学位を取得して卒業した才色兼備の女性だ。

彼女はその美貌をいかして、ミャワディ代表として参加した「ミス・ユニバース・ミャワディ2019」に選ばれ、また「ミス・ユニバース・ミャンマー2020」で準優勝に輝いた。

そして、2021年3月にタイのバンコクで開かれた「ミス・グランド・インターナショナル2020」にミャンマー代表として出場。ファイナリスト20人に選ばれ、水着など5つ審査で特別賞を受賞した。

この「ミス・グランド・インターナショナル2020」で彼女はクーデター以降の母国の状況を伝える特別なスピーチを行い、「今日もミャンマーで100人以上が死亡しました」「ミャンマーを助けてほしい」と涙を流しながら訴え、世界的に注目を集めた。

これ以降、ミャンマー軍政による処罰を避けて、ハン・レイはタイで生活してきたが、今月ビザ更新のためベトナムを訪問して帰ってきたところ、21日に突然入国を拒否された。タイ移民局は「入国管理官が彼女のパスポートに不正を発見したため移民法第12条に基づいて入国を拒否した」と発表しているが、実際はミャンマー軍政が彼女のパスポートを無効にしたからだった。

苦渋の決断

強制追放される危機に追い込まれたハン・レイに残された選択肢は2つしかなかった。祖国へ帰るか、第三国への亡命か。

もちろん祖国に帰ることは、軍政を批判した彼女にとって厳しい処罰が待ち構えていることを意味する。実際、軍政は彼女を反逆罪で起訴し、逮捕状を発行している。また今年7月には国際的な批判をよそに民主活動家4人に対して46年ぶりとなる死刑を執行するなど強硬な姿勢を強めており、ハン・レイが帰国すれば裁判で重罪が問われることが予想された。

結局、彼女は国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)を通じて第三国への亡命することを選択し、カナダが難民として受け入れることに応じた。

27日夜、ハン・レイはタイから仁川経由トロント行きの大韓航空機に搭乗した。

【動画】ハン・レイのグラビア映像を見る

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

サッカーW杯関連株が再び上昇、日本の決勝T進出決定

ワールド

ペルー議会、カスティジョ大統領の弾劾手続き開始 3

ビジネス

11月カナダ製造業PMI、4カ月連続で50下回る 

ビジネス

インフレと中国景気減速がアジアのリスク要因=IMF

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    「ツイッター終了」の未来

  • 10

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月