最新記事

フィリピン

「父マルコスは独裁者ではなく戒厳令は必要だった」 マルコスJr新大統領が擁護発言、波紋広がる

2022年9月15日(木)19時00分
大塚智彦
イメルダ夫人と息子で新大統領になったボンボン・マルコス

イメルダ夫人と息子で新大統領になったボンボン・マルコス Eloisa Lopez / REUTERS

<フィリピンで依然として大きな力をもつ一族がついに復権か>

フィリピンのフェルディナンド・マルコス・ジュニア(愛称ボンボン)が6月30日に新大統領に就任して以来初となるメディアとのロングインタビューに応じ、父であるマルコス元大領について「独裁者ではない」と述べたほか「戒厳令は必要だった」との見方を示した。

こうしたマルコス大統領の意見や見方に対して左派系団体からは「戒厳令が必要だったなどというのは嘘である」と反論がでるなど、マルコス大統領の「父親擁護」は今後世論を沸騰させる可能性も出ている。

このロングインタビューはテレビ局「ALLTV」が9月6日に収録したものを13日に放映。14日に地元各紙などがその内容を伝えたもので、マルコス大統領がマスコミのロングインタビューに応じたのは大統領就任後初となる。

聞き手は近い関係ながら鋭い質問も

このインタビューは女優で歌手でもあるテレビ司会者のトニー・ゴンザガさんが務めた。

ゴンザガさんはマルコス大統領の選挙運動を応援したほか、大統領就任宣誓式にはフィリピン国家を斉唱するなど近い関係とされるが、今回のロングインタビューではその近さを利用して鋭い質問を繰り出し、評価を受けているという。

インタビューではマルコス大統領の父であるマルコス元大統領についてマルコス一族の税金・財産問題や戒厳令、独裁政治、歴史認識などについて切り込んだ。

マルコス大統領は「父が大統領在任中に実に多くの農民団体や住民団体などをマラカニアン宮殿に招いて陳情を受けていたのを目撃している」としてその後のどの政権よりも国民の声に向き合ったとし、「こういう人物を独裁者とは呼ばない」と述べて、父を独裁者とする現代史の見方を否定した。

さらに1972年9月に全土に布告した戒厳令についても「反政府活動家や学生、マスメディアへの弾圧の根拠となり殺害や行方不明者を多数出したフィリピンの暗黒時代」とされていることに関しても「当時は新人民軍」(NPA)とモロ民族解放戦線(MNLF)の反乱と戦っていた。彼らは暴力的な手段で政府を打倒しようとしたため、政府は自衛する必要があった。当時共産主義勢力はマニラ首都圏や地方の主要都市に迫っており、対応策が必要だった」として戒厳令は治安維持のためにどうしても必要だったとの認識を示した。

またマルコス一族の多額の財産に関してもすでにその多くを放棄しており、ほとんど財産はないとして財産問題は存在しないことを強調した。

さらにマルコス大統領は「歴史は勝者によって書かれるものだ」との見解を示し、ゴンザガさんに対して「あなた方が学校で学んだのはそうした歪曲された歴史である」と指摘した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 7

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 8

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中