最新記事

英王室

なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

Prince Harry's Reaction to Kate Middleton at Royal Wedding Goes Viral

2022年8月20日(土)14時41分
ジェームズ・クロフォード=スミス
ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子

ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子(2012年6月) Dave Thompson-REUTERS

<バージンロードを歩いてくる現キャサリン妃を見て兄に笑顔で言葉をかけるヘンリー王子の姿に「あの頃が懐かしい」というコメントが続々>

11年前の英ウィリアム王子の結婚式の場で、ヘンリー王子が新婦ケイト・ミドルトンを見た瞬間のリアクションを捉えた動画がソーシャルメディア上で共有され、大きな注目を集めている。

■【動画】11年前の結婚式でキャサリン妃を見た時のヘンリー王子のリアクション

動画は、2011年にウェストミンスター寺院で行われたロイヤルウェディングの一場面。ケイト・ミドルトン(現キャサリン妃)がバージンロードを歩いてくるなか、ヘンリーが祭壇の前で待つ兄ウィリアムの隣に立っている様子を捉えたものだ。動画共有プラットフォームのTikTokに投稿されたこの動画は、これまでに100万回以上再生され、18万を超える「いいね」を獲得している。

ヘンリーは今年の9月初旬、慈善イベントに出席するために妻メーガン妃と共にイギリスに帰国することが報じられているが、そんななかでTikTokユーザーのdanideeeee1が「微笑ましい瞬間」というキャプションを添えて、この動画を投稿した。

動画の中で、ウェディングドレス姿のケイトを見たヘンリーは、兄であるウィリアムに笑顔で言葉をかける。この「兄弟愛」を感じさせる微笑ましい様子に、一部のソーシャルメディアユーザーからは、「英王室の亀裂」とも言われている現在の兄弟の関係を嘆く声が上がった。

あるユーザーは「2人の友情が見られなくなって寂しい」とコメント。別のユーザーは「この3人組が懐かしい。3人の間には、いつも笑顔と笑い声があった」と書き込んだ。

ヘンリーは「彼女は綺麗だ」と言っていた?

ウィリアムとケイトの結婚式は、2011年4月29日にウェストミンスター寺院で行われ、ヨーロッパ各国の元首やイギリスの政治家たちが参列した。

この時、ヘンリーはウィリアムの介添人を務めていた。2018年にヘンリーがメーガン・マークル(現メーガン妃)と結婚した際には、ウィリアムがヘンリーの介添人を務めている。

動画に捉えられた瞬間、歩いてくるケイトを見てヘンリーがウィリアムに何と言ったのか、はっきりとは分かっていない。だがキャサリン妃の生涯を綴った『Kate: A Biography』の著者であるマーシャ・ムーディの推測によれば、ヘンリーは「ほら、彼女が入って来たぞ。これだけは言える。彼女は綺麗だ」と言ったとされている。

ウィリアムとヘンリーが最後に一緒に写真に収まったのは、2021年7月。2人の母親であるダイアナ元妃の生誕60周年を記念して、彼女が暮らしていたケンジントン宮殿に設立された元妃の銅像の除幕式に参加した時のことだった。

2022年は、ダイアナが36歳の時にパリでの自動車事故で死亡してから25年の節目となる。この節目にあたり、英王室が公式な行事を行う計画はないが、ヘンリーはダイアナの命日である8月31日のわずか数日後に、慈善イベント出席のためイギリスに到着することになっている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中