最新記事

英王室

チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」というあだ名で呼ぶ理由

Prince Charles Nicknamed Meghan Markle 'Tungsten' Because She's 'So Brutal And Harsh'

2022年7月14日(木)20時03分
キャサリン・アルメシン
チャールズ皇太子とメーガン妃

チャールズ皇太子とメーガン妃(2019年3月) Richard Pohle/Pool via REUTERS

<英王室専門家によればチャールズ皇太子は、義理の娘の内面を金属に例えてそんな珍しいあだ名をつけたという>

メーガン妃は「タングステン」だ──。英チャールズ皇太子は、なにかと注目を集めることが多い次男ヘンリー王子の妻を、何度もそんなニックネームで呼んでいたという。

英王室専門家で、ダイアナ元妃らロイヤル・ファミリーの伝記の著者であるレディー・コリン・キャンベルは先日、自身のYouTubeチャンネルに動画を公開。そこであるフォロワーが、問題のニックネームを付けるきっかけになった特定の出来事はあったのかと尋ね、キャンベルが回答した。

「(ヘンリー王子夫妻を描いた『メーガンとハリー 真実の物語』の)執筆中に、そうした出来事は1回だけではなかったと聞かされた。(メーガンは)魅力的であると同時に、その裏では非常に冷酷で厳しい女性だと感じたのだろう」と、キャンベルは答えた。

「最初のうち、彼女はとても魅力的だった。でも、その微笑みは(凶暴な肉食魚)バラクーダのもので、そのタフな精神はタングステン並みだった」

テレビドラマ『SUITS/スーツ』への出演で知られる元女優は、ヘンリー王子をコントロールすることに成功したが、彼女にとってそれだけでは十分でなかったのかもしれない。

キャンベルが把握しているだけでも、チャールズ皇太子が義理の娘にそんなあだ名をつける理由となったのは「1つではなかった」という。もちろん1つの特定の出来事をもって、ある人の性格を見抜くことはできない。

さらにチャールズ皇太子は、自らの妻や長男、そしてその妻の意見に影響された可能性もあると、キャンベルは指摘している。

「タングステン」はメーガンへの愛情の表れ?

そもそも、このニックネームが話題になったのは今回が初めてではない。2018年には英紙デイリー・メールの記事が、強くてしなやかな金属として知られるタングステンをあだ名にしたのは、メーガン妃に対する愛情の表れだと論じている。記事によれば、チャールズ皇太子は彼女の強さに感心していたとされる。

義理の父と娘はとてもいい関係を築いていたようだ。実の父親トーマス・マークルと疎遠だったメーガン妃は、ヘンリー王子に親子関係を修復するよう勧めたと、ある情報筋は英紙サンデー・テレグラフで語っている。

2018年に行われた夫妻の結婚式で、出席を取りやめたトーマスに代わり「花嫁の父」役を務めたのも、チャールズ皇太子その人だ。トーマスは当時、「これ以上の代役」は考えられないと喜んだ。

「彼はとてもハンサムで、その横にいる私の娘はとてもきれいだった」と、英テレビ番組『グッド・モーニング・ブリテン』で、トーマスは話している。「うらやましかったし、自分がそこにいられたらよかったと思う。でも、ありがたいことに、彼がいてくれた」

現在のヘンリー王子夫妻には、ほかの王族と不仲だとの噂が付きまとう。2人は今年6月、エリザベス女王の即位70周年を祝う記念行事「プラチナ・ジュビリー」のため、イギリスへ一時帰国。ロンドンのセントポール大聖堂での記念礼拝に出席した際、高位の王室メンバーと交流する姿は見られなかった。

それでも、夫妻の3歳の長男アーチーと1歳の長女リリベットは、曾祖母であるエリザベス女王および祖父のチャールズ皇太子と対面したとされている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月85.5に上昇 「経済は低位

ワールド

キリバスで中国警察が活動、犯罪データベース作成など

ワールド

ロシアの核戦力、95%が近代化済み=プーチン大統領

ビジネス

ECB23年決算、過去最大79億ユーロの損失 利払
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 8

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 9

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 10

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中