注目のキーワード

最新記事

TikTok

結婚式の甘い雰囲気が一変 丸々と太ったヒルに噛まれて新婦のドレスが血まみれに

Bride Finds Dress Stained in Blood After Run-In With Leeches on Wedding Day

2022年6月2日(木)20時01分
サラ・サントラ

@madalyn.wise/TikTok

<ロマンチックなムードたっぷりで進む結婚式だが、その間にも新婦のウェディングドレスの中では3匹のヒルが蠢いていた>

ライトに照らされた芝生の上で、家族や友人たちに見守られながらゆっくりとダンスする新郎新婦。映画のワンシーンのようなロマンチックな雰囲気のなか、顔を寄せて見つめあう......。オーストラリアで行われた結婚式の様子を撮影した動画だが、その後に思わぬ展開が待っていた。実はこのときすでに、新婦のウェディングドレスの内側は大変なことになっていたのだ。

次に動画に表示されるのは、「私たちのファーストダンスの数分後、ドレスの内側で発見したもの」というテキストと、血まみれになったウェディングドレスの写真だ。新婦の脚はティシュペーパーで押さえられているが、ドレスの内側には蛭(ヒル)が忍び込んでおり、気付いた時には脚が血だらけになっていたという。

TikTokにこの動画を投稿したMadalyn Wiseは、「結婚式というのは、いつも何かがうまくいかないもの。そうでしょ?」と、コメントに書き込んでいる。この動画は2000万回以上も視聴され、1万5000件以上のコメントが寄せられている。

そして動画にはWiseの血を吸って丸々と太ったヒルがうねうねと動く様子が映し出され、最後に包帯を巻いたWiseの脚の写真で終わる。

@madalyn.wise There's always something that doesn't go quite right at your wedding, right? #leech #weddingtiktok #wedding #weddingnightmare #foryoupage #fyp #ohno Oh No - Kreepa
@madalyn.wise/TikTok


最初、彼女は結婚式の緊張から生理が予定より早く始まったと思ったそうだ。だがドレスをめくり上げると、3匹ものヒルがドレスの内側から見つかったという。足の下に1匹、膝の裏のくぼみに1匹、そして脚を這い進んでいたのが1匹。彼女は、動画が撮影される3時間前に、濡れた背の高い草の中で記念撮影をしたときに3匹のヒルが付いてきたのではないかと考えている。

ゲストもスタッフも、彼女以外には誰もヒルは付いていなかった。結婚式のコーディネーターがドレスの血をふき取ってくれたものの、パーティーの間中、ゲストみんなに包帯を巻いた脚を見せて回ることになったと彼女は語っている。

ヒルの唾液には痛みを感じさせない効果が

3時間も脚に付着したままだったというのは驚きだが、ヒルの唾液には「付着した場所を麻痺させる鎮痛作用」があるため、気付くことは難しいようだ。米健康情報サイト「Healthline」には、「実際に目にするまではヒルがいると感じることすらできないだろう」と書かれている。

そのため、これだけ血だらけになっても、噛まれたときには痛みを感じない。これには動画を見た人々から「新たな恐怖が解き放たれた」「なんて気持ち悪い」「全身がかゆくなってきた」「屋外での結婚式はもうごめんだ」といったコメントが寄せられている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=下落、FOMC議事要旨受け不安定な動

ワールド

ウクライナ東部ハリコフ住居地区にロ軍の砲撃、6人死

ビジネス

6月の米自動車走行距離、前年比1.7%減 高ガソリ

ビジネス

今後も利上げ継続、ペースが落ちる可能性=FOMC議

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 5

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 9

    ベラルーシのロシア軍に大規模なミサイル攻撃の兆候

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 4

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月