注目のキーワード

最新記事

感染症

欧米で流行の兆しみせる「サル痘」 感染リスクや特徴まとめ

2022年5月23日(月)17時49分

世界保健機関(WHO)は、アフリカの一部地域で散発的に感染が起きていた「サル痘」の感染が欧州を中心に拡大していることに警鐘を鳴らしている。サル痘ウイルスの電子顕微鏡画像。提供写真(2022年 ロイター/CDC)

世界保健機関(WHO)は、アフリカの一部地域で散発的に感染が起きていた「サル痘」の感染が欧州を中心に拡大していることに警鐘を鳴らしている。

WHOによると、20日時点で約80人の感染が確認され、感染が疑われる人は50人。以下、感染状況やサル痘のリスクについてまとめた。

どの程度危険か

症状は発熱、頭痛、発疹など。

サル痘は天然痘ウイルスに似たサル痘ウイルスに感染して起こるが、天然痘より症状は軽い。特に、米国で確認された西アフリカのウイルス株は致死率が約1%。大半の人は2─4週間で回復する。

新型コロナウイルスよりも感染力は弱い。

発疹がある人との直接の接触により感染が広がっていると専門家は指摘する。

マサチューセッツ総合病院のマーティン・ハーシュ博士は「新型コロナは呼吸器系で感染し感染力も強いが、サル痘はそのようなことはないようだ」と述べている。

専門家の懸念

WHOによると、これまでに報告された集団感染は、ウイルスが定期的に循環していない国で発生しているため、変則的な感染だという。感染源やウイルス変異がないかどうかを専門家は調べている。

これから夏にかけ多くの人が集まるイベントなどが開かれるため、感染が拡大する可能性がある。

感染予防策

英国では、感染者との接触で感染する可能性のある医療従事者にサル痘の予防にもなる天然痘ワクチンの接種を開始した。米政府は全国民に接種するのに十分な天然痘ワクチンを備蓄していると発表している。

発疹のある人や体調の悪い人との密接な接触を避け、疑いのある人は自己隔離して医療機関を受診する。

患者急増の背景

カナダのサスカチュワン大学のワクチンのウイルス研究学者、アンジェラ・ラスムセン氏によると、世界的な旅行の増加や気候変動などがウイルスの発生や拡散を加速させている。また、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)を受けて世界はあらゆる種類の新たな感染症への警戒を強めていると指摘する。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2022トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・ロシア戦車を破壊したウクライナ軍のトルコ製ドローンの映像が話題に
・「ロシア人よ、地獄へようこそ」ウクライナ市民のレジスタンスが始まった
・【まんがで分かる】プーチン最強伝説の嘘とホント
・【映像】ロシア軍戦車、民間人のクルマに砲撃 老夫婦が犠牲に


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国恒大集団に会社清算申し立て、香港高等裁で

ビジネス

ANA傘下のピーチが国際線再開、まずは2年半ぶりソ

ビジネス

ECB分断化防止策、重要なのは「闘う意思」=スペイ

ビジネス

アングル:米株上期は半世紀ぶり大幅安、下期も身構え

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月