注目のキーワード

最新記事

英王室

キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? 英王室ファンが熱い論争

Kate Middleton Accused Of Copying Meghan Markle's Style In Recent Outings

2022年1月22日(土)17時02分
キャサリン・アルメシン

Hannah Mckay-REUTERS

<ファッションアイコンとしても知られる英キャサリン妃だが、最近のお出かけファッションが過去のメーガン妃のファッションと酷似しているとの指摘が>

英王室ファンたちの間で今、キャサリン妃のファッションが注目を集めている。焦点となっているのはセンスでも価格でもなく、義妹であるメーガン妃のスタイルを「コピーしている」という疑惑だ。

キャサリン妃は1月19日、夫のウィリアム王子とともにロンドンにある孤児院博物館を訪問した。そのときの彼女のファッションは、青系で見事にまとめられたコーディネート。紺色のタートルネックのセーターに、同色のパンツ、同じく紺系の先のとがったスウェードのパンプス、そしてティールブルーのひざ丈コートという恰好だった。

これを見た王室ファンからは、「2018年にメーガン妃がイベントで着用していたカナダのブランド『Smythe』のロイヤルブルーのコートにそっくりだ」という声が、ツイッターなどで上がった。

指摘のあった18年の場面で、たしかにメーガン妃は今回のキャサリン妃と似たコートに、やはりダークなタートルネックのニットを着用していた。ただし、このときのメーガン妃は、黒いプリーツスカートに、「サラ・フリント」のパンプスを合わせるファッションだった。

翌日には茶色系コーディネートで物議

さらに翌1月20日、クリズローコミュニティー病院を訪問した際のキャサリン妃のファッションが再び物議を呼んだ。今度はマッシモ・ドゥッティのキャメルコートに、英ファッションブランド「Reiss」の茶色いロールネックのセーターという服装だ。

これと比較されたのが、2020年にメーガン妃が夫のヘンリー王子と一緒に外出した際にしていた恰好。キャサリン妃のものとよく似たReissのキャメルコートに、キャラメル色のタートルネック、チョコレート色のスカートというものだった。

こうしてSNS上には、「ケイト・ミドルトンは、メーガン・マークルの単色系パワー・スタイルを真似ている。義理の妹に敬意を表するのに、模倣は最高の手段かもしれない」といったものや、「2回にわたるケイトによるメーガンのコスプレ」といった投稿が書き込まれる事態となった。「もう何年も前から、彼女はメーガンのコピーをしている」と指摘するものもある。

また別のアカウントは、キャサリン妃は以前は「コートドレス」スタイルを好んでいたのに、メーガン妃が王室入りしてからはコートにパンツを合わせるスタイルを多用し始めたと指摘し、「彼女は、メーガン・マークルのコートを全部買っている」とした。

とはいえ2人の服装は、そもそも独自性の高いものではないとする冷静な意見もある。「1月だよ。女性はパンツに冬用のコートを着るさ」「ケイトは薄茶色のセータードレスにブーツ。メーガンは濃いシルクのスカートと濃い茶色のセーターにヒール。ベーシックな茶色いコートが同じだけ」といった声も上がった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月