最新記事

東南アジア

「ワクチン未接種者が外出すれば逮捕」 ドゥテルテがブチ切れたフィリピンの深刻な医療逼迫

2022年1月8日(土)21時22分
大塚智彦

Eloisa Lopez - REUTERS

<「またいつもの暴言か」と笑ってすまされないコロナの拡大に、台風被害の復旧も重なって──>

オミクロン株の感染拡大の影響もあり新型コロナウイルス感染者が急速に増加しているフィリピンで、ドゥテルテ大統領が「コロナワクチンの未接種者が外出すれば逮捕する」と発言し、強硬策で感染者拡大の防止を当たるよう指示を出した。

ドゥテルテ大統領はコロナ感染に関しては以前から「ワクチンを接種しないと投獄する」「マスクの消毒はガソリンを使うとよい」「ワクチンを3回打つと間違いなく死亡する」などと科学的な根拠に基づかない発言や投獄などの強権的姿勢を示して国民を混乱に陥れた経緯がある。

このため今回の「外出したワクチン未接種者の逮捕」もドゥテルテ大統領独特の「ドゥテルテ節」に過ぎない、と国民は冷静に受け止めている。

だが一方でオミクロン株を含めた新規のコロナ感染者は一時の小康状態から増加傾向に転じ「新たな波」の到来を思わせる状況になっており、病院のコロナ病床も逼迫するなど深刻な事態を迎えつつある。

ドゥテルテ大統領の発言もそうした緊急事態を重く見た結果、あるいは焦燥感の表れともみられており、フィリピンのコロナ渦は新たな局面を迎えようとしている。

深刻な病床、医療従事者の不足

フィリピン保健当局によるとフィリピンでのコロナ感染者は1月7日に新規感染者数2万1819人となり、連日1万人以上の新規感染者が確認され、累計で291万664人と300万人に迫る勢いだ。

そうした中、フィリピン総合病院関係者は1月8日にテレビ番組に出演して「総合病院の集中治療室(ICU)はほぼ満床状態にある」として、医療が逼迫しているとの認識を示した。

医療現場が直面する問題は病床という受け皿だけでなく、治療、看護などに当たる医療関係者の不足が深刻化しているという。

総合病院の場合、医療スタッフの約40%がウイルス感染あるいはその濃厚感染者となっており、コロナ患者以外の入院患者の治療にも影響が出ているという極めて厳しい状況にあるというのだ。

度重なるドゥテルテ節に国民は冷静

こうした状況に「業を煮やした」とみられるドゥテルテ大統領は6日、最小の行政単位である「バランガイ」の指導者らに対してワクチン未接種者を自宅待機とし、それに従わずに外出した場合は「逮捕」との厳しい措置を指示した。

しかしワクチン未接種者の特定をどう行うのか、また未接種者が外出した場合の逮捕の法的根拠などが明らかになっておらず、バランガイ指導者にとっては「頭の痛い大統領発言」となっているという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲載された?

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月