注目のキーワード

最新記事

行方不明

中国元高官告発で消息絶ったテニス選手から「私は無事」メール──信じるのはIOCだけ?

Olympic Committee Believes Peng Shuai is 'Safe,' WTA Demands Answers

2021年11月19日(金)18時02分
アリス・メスマー

ダブルスの世界ランキングで元1位の彭帥は「火に飛び込む」覚悟で告発すると書いていた Jerry Lai-USA TODAY Sports

<元副首相に性的暴行をされたという告発は「虚偽」で、「自分は無事だ」とするメールは本当に本人が書いたものなのか。テニス協会はますます彼女の身を案じるが、北京冬季五輪を控えたIOCは「無事でよかった」と言う>

中国の政府高官から性的暴行を受けたと告発して以降、行方不明になっている女子テニス選手の彭帥が11月17日、WTA(女子テニス協会)に「性的暴行の告発は虚偽だった」というメールを送ったとされている問題について、WTAは本人が送ったものではないのではないかと懸念している。AP通信が報じた。

彭帥は約2週間前に、中国政府の元高官から性的虐待を受けたと告発して以降、消息を絶っている。セクハラや性的暴行を告発する運動「#MeToo」が中国の政府高官に及ぶのは初めてのことで、政府は沈黙を貫いている。

国際オリンピック委員会(IOC)はWTAとは逆に楽観的な見方で、18日に発表した声明の中で「最新の報告で彼女の無事を確認し、心強く思っている」と述べた。

しかしWTAのスティーブ・サイモン会長兼最高経営責任者(CEO)は、中国国営メディアが「彭帥からサイモン宛て」だとするメールについて、本人によるものとは思えないと疑問視した。メールは17日に、中国国営・中国中央電視台(CCTV)の英語放送、中国国際テレビ(CGTN)が公開したもので、この中で彭帥は、自分は無事で性的暴行の告発は虚偽だったと述べている。

サイモンはこれについて、「我々が受け取ったメールを、彭帥本人が書いたと信じるのは難しい。(今回報じられた)メールの内容を受けて、彼女の身の安全と行方に関する懸念は募る一方だ」とコメント。彼女が本当に無事かどうかを確認したいと、次のように述べた。「WTAをはじめ世界中が、彼女の安全を証明する証拠を求めている。私はこれまで繰り返し、さまざまな手段で彼女に連絡を試みてきたが、連絡は取れていない」

「#WhereisPengShuai(彭帥はどこに)」

サイモンは徹底した調査を要求しているが、中国外務省の趙立堅報道官は17日、記者からの質問に対して「その件については把握していない」と回答した。

以下にAP通信の報道を引用する。

WTAは、適切な対応がなされなければ中国からの撤退も辞さないとしている。この問題については、大坂なおみやノバク・ジョコビッチをはじめとするトッププレーヤーたちも声をあげており、ネット上では「#WhereisPengShuai(彭帥はどこに)」のハッシュタグがトレンド入りしている。

中国は(2018年に一瞬盛り上がりを見せた)#MeToo運動をほぼ抑圧し、人権活動家や海外の一部政治家は2022年2月の北京冬季五輪のボイコットを呼びかけているが、中国は開催に向かって突き進んでいる。

35歳の彭帥は女子ダブルスの元世界ランク1位で、2013年のウィンブルドン大会と2014年の全仏オープンで優勝を果たしている。

彼女は11月2日、中国版のツイッターである微博(ウェイボー)に長文を投稿。中国の元副首相で、中国共産党最高指導部のメンバー(政治局常務委員)だった張高麗から3年前に性的関係を強要されたと告発した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲載された?

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月