最新記事

韓国

岸田新総裁選出、韓国メディアは一斉に日韓関係の改善を要望

2021年10月4日(月)17時00分
佐々木和義

日韓慰安婦合意の当事者であり、関係改善は難しいという見方も...... REUTERS/Issei Kato

<岸田文雄前政務調査会長が自民党の新総裁に選出されると、韓国メディアは一斉に日韓関係の改善を要望した>

自由民主党の新総裁に岸田文雄前政務調査会長が選出されると、韓国メディアは日韓関係の改善を求める記事を掲載した。

青瓦台(韓国大統領府)は「新たに発足する日本内閣と韓日間の未来志向的関係発展にために引き続き協力して行く」とし、新首相の就任後に文在寅大統領が祝電か電話で、意思疎通を図りたい考えを示した。一方、韓国商工会議所は岸田新総裁に祝いの書簡を送った。政府が財界の後手に回った格好だ。

韓国の政府やメディア、財界は日韓関係の改善を求めるが、岸田新首相は文在寅大統領が反故にした日韓慰安婦合意の当事者であり、関係改善は難しいという見方が広がっている。

韓国メディアは一斉に日韓関係の改善を要望した

岸田文雄前政務調査会長が自民党の新総裁に選出されると、韓国メディアは一斉に日韓関係の改善を要望した。

ソウル新聞は「日本の岸田新首相、硬直した韓日関係を外交的に解決せよ」と題した社説で、「日本軍慰安婦問題の韓日合意の当事者である岸田元外相が、第100代日本首相に就任する」とした上で、「韓日の当局者は現在の硬直化を解く案を模索しなければならない。外相を務めた岸田新首相が、硬直した韓日関係を回復するため意味ある決断を下すことを期待する」と注文した。

東亜日報は「岸田新総裁の発言を見ると、直ちに韓日関係が改善する期待は難しいが、時間をかけて回復できる転機を作っておく必要がある」と社説で要望した。

ハンギョレは「岸田新総裁選出、韓日関係リセットの契機にしよう」と題した社説で、「岸田次期首相は、2015年12月28日の韓日慰安婦合意当時の日本政府側の当事者」だが、「安倍・菅政権の時よりは韓日対話の扉が開かれるという控え目な期待もある」とし、「韓日両国は共に突破口を作る時」で、日韓双方が歩み寄るべきだと主張した。

中央日報は「菅義偉首相は韓日首脳会談を拒否して対話に消極的だった」が「慰安婦合意に署名した岸田氏は両国の関係改善に積極的に努力する必要がある」とし、「韓日関係2500年の間、反目や対立より平和な方が長かった」「一段階高いパートナーシップの構築を望む」と日本側の歩み寄りを期待する社説を掲載した。

朝鮮日報は、岸田氏は韓国や中国との関係を重視してきた「宏池会」の直系で「今後の韓日関係に重要に働く可能性がある」と報じた。

菅義偉元官房長官の首相就任が決まった昨年9月、韓国メディアは日韓関係の改善を期待したが、岸田新首相に関係改善を期待する声は見られず、要望にとどまっている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

香港の自由は「消滅」、中国は約束果たさず=台湾行政

ワールド

北朝鮮、コロナ発生源は南北境界線付近の「異質なもの

ワールド

オデーサ集合住宅に着弾、10人死亡 ウクライナが黒

ビジネス

ウェザーニューズが大幅続伸、増益予想好感 猛暑で利

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てるも却下される

  • 4

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 5

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 8

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 7

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 10

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月