注目のキーワード

最新記事

米軍事

中国「極超音速」兵器、迎撃不可能と大騒ぎすることの馬鹿らしさ

China’s “Hypersonic” Missile Test

2021年10月29日(金)12時35分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)

今回の打ち上げに使われたとみられる宇宙開発用ロケット「長征」 Tingshu Wang-REUTERS

<中国が迎撃不可能な最新鋭ミサイルを開発したとの報道でパニックになれば、軍拡競争が激化するだけ>

中国の新型ミサイルをめぐって米国防関係者の間でちょっとした騒ぎが起きている。

問題のミサイルは、中国がこの夏に行った実験で「極超音速」で地球の低周回軌道を一周し、その後に核弾頭搭載可能な物体を切り離して、目標に向けて滑空させたと、10月中旬に英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が報じた。

このミサイルなら通常の弾道ミサイルのように北からだけでなく、東、西、南からもアメリカを狙える。つまり警戒レーダーを回避でき、ある米当局者に言わせれば、アメリカのミサイル防衛(MD)システムを「無力化」できる。

中国政府はこの報道を否定。民間の宇宙船の再利用技術を検証していたと説明した。

仮にFT紙の報道が事実で、中国の新型ミサイルがアメリカのMDシステムを無力化するとしても、それは大騒ぎするようなことだろうか。

中国の最新鋭ミサイルがあろうとなかろうと、今のアメリカのMDシステムは目を覆うほど無力だ。長距離ミサイルを迎撃できる唯一のシステムは「地上配備型ミッドコース防衛」(GMD)だが、今年8月に米ミサイル防衛局(MDA)が公開した資料によれば、19回の実験でGMDが模擬弾頭を撃ち落とせたのは12回。しかもGMDの実験は2019年3月以降実施されておらず、直近6回の実験中3回は失敗している。

さらにこれは国家機密でも何でもないが、GMDでは1度に1つの模擬弾頭を迎撃する実験しか行われていない。

MDを回避するもっと簡単な方法が

中国がアメリカのMDシステムを「無力化」したいなら、手っ取り早い方法がある。2つの重要な標的に向けて同時に2個の弾頭を(可能ならば1基のミサイルから)発射させるのだ。1個の弾頭が撃ち落とされても(それも確実ではない)、もう1個が標的を破壊できる可能性は高い。

もう1つの混乱の元もはっきりさせておこう。「極超音速」ミサイルは音速の5倍以上で飛ぶミサイルと定義されている。だが通常のICBMは音速の23倍で飛ぶ。かれこれ60年前から存在するICBMも極超音速なのだ。

アメリカ、ロシア、中国は本当の意味での新型の極超音速ミサイル、つまりほぼ迎撃不可能なミサイルの開発を目指している。その1つは核弾頭を搭載していないICBMになりそうだ。開発に成功すれば、米軍は「即時全地球攻撃」計画に活用する予定だ。

もう1つのタイプの極超音速ミサイルは滑空型で、終始大気圏内を飛ぶため、ある種の警戒レーダーを回避できる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米自動車販売、第2四半期はGMが首位奪還 在庫不足

ビジネス

米ISM製造業景気指数、6月は2年ぶり低水準 新規

ビジネス

韓国現代自の労組、ストライキの可能性 賃上げ交渉が

ワールド

ウクライナ穀物輸出、6月は前年比43%減 ロシア侵

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 2

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てるも却下される

  • 3

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 4

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 5

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 6

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    温暖化で新種のクマが誕生?──実は喜ばしくない理由…

  • 10

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 7

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 10

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月