最新記事

アフガニスタン

タリバンがアフガニスタンを奪い返す勢い──バイデンは何を読み違えたのか

What Happens If the Taliban Takes Control of Afghanistan?

2021年8月13日(金)17時45分
ジャック・ダットン

8月12日、制圧したガズニの州都に立つタリバン兵 Taliban Handout/REUTERS

<米軍撤退の方針に変化はなく、タリバンが首都カブールも制圧する事態になれば、アフガン侵攻から20年間の進歩は全て無に帰す>

アフガニスタンの反政府勢力タリバンは8月12日、同国南東部ガズニ州の州都ガズニを制圧した。この1週間でタリバンの手に落ちた州都は、これで10カ所目だ。(注:報道によると、タリバンはその後一夜にして、人口で第2、第3の都市であるカンダハルとヘラートも制圧した)。

同盟諸国の軍がアフガニスタンからの撤退を進めるなか、タリバンは急速に国内の幅広い地域を掌握しつつある。この事態に当局者たちは、タリバンがいずれアフガニスタン全土を掌握する可能性を懸念。その場合、タリバンが最後の「仕上げ」として狙うのが、おそらく首都のカブールだろうと専門家たちは考えている。

シンクタンク「国際危機グループ」のアフガニスタン担当上級分析官であるアンドリュー・ワトキンスは、12日に本誌の取材に電話で応じ、「過去1週間か10日だけを見ても、事態は急速に変化している」と指摘。さらに次のように続けた。

「私を含め多くの人が、軍事情勢やタリバンとアフガニスタン政府の軍事力のバランスを検証した上で、アフガニスタン政府には――武器やテクノロジーがあるとか、空で有利に戦えるなどの理由から――タリバンとの長引く戦いに、あと数年は持ちこたえる能力があると考えていた」

政府軍が意欲を失いつつある

ワトキンスは、アフガニスタンは大きな分かれ目に直面していると指摘。政府軍が、各州の州都を守るために戦う意欲を失いつつあると分析した。タリバンはこれまでに全34州都のうち10の州都を掌握。広さで言えば、アフガニスタン全土の約3分の2を支配下に入れている。

だがワトキンスは、タリバンによるアフガニスタン全土の制圧は、必ずしも「避けられない事態」ではないと言う。より小規模な地域を制圧したのと同じやり方で、カブールを制圧しようとするのは難しいと指摘した。

「大規模な要塞であるカブールがすぐに陥落するとは限らない」と彼は述べ、こう続けた。「カブールで(そのほかの地域と同じような)市街戦を展開するのは難しい。都市部は迷路のように入り組んでいるところや、住宅街が無秩序に広がっているところがある。通りから通りへと移動しながら戦い、最終的に市全体を制圧しようとするのは、ひどく骨の折れる作業になる」

アメリカは2001年の9・11同時テロの後、アフガニスタンに侵攻した。以降、現地で米軍主導の軍事作戦を展開してきたが、既にほぼ全ての米部隊がアフガニスタンから撤退。8月末には最後の部隊が引き揚げ、撤退を完了させる見通しだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、新宇宙ステーションの模型公開 単独で宇宙開

ビジネス

独ガス料金賦課金制度、導入なければエネルギー市場崩

ワールド

スーチー氏、汚職罪で禁錮6年 ミャンマー裁判所が判

ビジネス

独ガス料金、1家計当たり年間約500ユーロ増に 賦

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

※次号は8/17(水)発売となります。

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 2

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局」は完全に逆転した

  • 3

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 4

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 5

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 6

    「暗号資産」も「仮想通貨」も間違った呼び方です(…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 9

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 10

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月