最新記事

スパイウェア

イスラエル企業開発のスパイウェア 世界中の記者や活動家を監視か

What We Know About Alleged NSO Group Malware

2021年7月20日(火)19時21分
ゾーイ・ストロゼウスキ

ガーディアン紙は、2018年に監視対象の候補に選ばれていた人物の一人が、フィナンシャル・タイムズ紙のルーラ・ハラフ編集長だったと報じた。またメキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領に近い少なくとも50人(家族や側近、担当医などを含む)もリストに掲載されていた。

アムネスティ・インターナショナルの調査では、2018年に殺害されたサウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギの妻と婚約者のスマートフォンも「ペガサス」に感染したり狙われていた。

ワシントン・ポストによれば、収監されている政治活動家ナアマ・アスファーリーの妻であるクロード・マンジャンのスマートフォンも、「ペガサス」に感染していた。

イングルトンは、「NSOグループはもはや、ペガサスが犯罪対策のためだけのものという主張を隠れ蓑にすることはできない。NSOのスパイウェアが、組織的な人権侵害に組織的に利用されていることを示す、十分な証拠がある」と述べた。

高度なセキュリティ機能も突破か

アムネスティ・インターナショナルの報告書は、グーグルのスマートフォン向けOS「アンドロイド」が搭載された数多くのスマートフォンも標的になっていたことが分かったという。

「アップルはセキュリティおよびプライバシー保護機能を誇るが、NSOグループがそれを大きく損なわせた」とイングルトンは言う。「これは世界的な懸念事項だ。あらゆる人がリスクにさらされており、アップルのような巨大ハイテク企業さえが、大規模な監視に対処する準備ができていない」

2013年に米国家安全保障局(NSA)の機密情報を暴露した元CIA職員のエドワード・スノーデンは、今回の疑惑を受けて、ツイッターでNSOグループを次のように非難した。

「NSOグループは、自分たちが売ったデジタル感染ツールの標的にされた人々の死や拘束について、直接的な刑事責任を負うべきだ」

 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの8月失業率、過去最低3.8% 直近インフレ

ワールド

豪6─8月期求人は高水準続く、過去最高だった前期か

ワールド

ロシアIT技術者の大量出国止まらず、政府は動員除外

ビジネス

スタグフレーションのリスク長期化も=世銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 9

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 10

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月