最新記事

パンデミック

コロナ脱出『特別便』めぐり混乱 インドネシア在留邦人「私は乗れるか?」「料金は」

2021年7月15日(木)19時50分
大塚智彦
夜を徹して新型コロナウイルスで亡くなった人の埋葬作業が行われるインドネシア

連日のように過去最多の感染者・死者を記録するインドネシアでは、埋葬作業が夜を徹して行われている。REUTERS/Ajeng Dinar Ulfiana

<1日あたりのコロナ感染者が5万人を超えるなど、東南アジアで最悪の感染状況となっているインドネシア。約2万人いるという日本人の安全は?>

コロナ感染が拡大し、連日感染者や死者が記録的に増加し続けているインドネシア。現地に滞在している在留日本人の間では「一時帰国」に関する情報が錯綜、混乱したことによる不安が急速に拡大している。

インドネシアではジョコ・ウィドド政権による後手後手の感染防止対策やデルタ株の猛威に有効な対応策が不十分なこと、さらに医療現場の疲弊、病床不足、医療関係者のコロナ感染や死亡などにより、医療崩壊の瀬戸際に立っており、「危機的な状況」が続いている。

さらに主流となっている中国シノバック製ワクチンへの不信感から「現地でのワクチン接種に否定的」な在留日本人が多いことも不安を増加させている。

インドネシアでは7月15日に一日あたりの感染者数が5万6757人と過去最高を記録。死者も982人となり、累計の感染者は270万人を突破。死者も7万人を超える最悪の状況が続いている。

日本人300人感染、14人死亡

日本大使館によると在留日本人の300人以上が感染し、死者は14人。また感染して入院待ちの人が約50人もいるという。

ジャカルタ在住の日本人の間では「一日も早く日本に帰国してワクチン接種を受けたい」との声が高まっている。

しかし日本政府が一日の入国者数を2000人に制限、航空各社ごとに1週間当たり3400人を上限にしていることもあり、日本に向かう民間航空機は搭乗券の予約が困難な状況にあるという。

民間企業社員限定の"特別便"に失望も

こうしたなか、7月14日にジャカルタから成田空港に全日空の"特別便"が運航し、在留日本人家族52人が帰国を果たした。

ところがこの"特別便"は日本政府が用意したものでも、一般の在留日本人を対象にしたものでもなく、大手ゼネコン「清水建設」が独自に手配した、同社社員とその家族用にチャーターした"特別便"だった。

一方で、茂木外相や加藤官房長官のこの"特別便"に関する会見や日本メディアの報道に接した在留日本人の間からは「どうすれば搭乗できるのか」「料金はどれくらいか」「乗客数に制限はあるのか」「日本に入国後はどういう扱いになるのか」と「政府による特別便」と理解した結果の期待と不安が沸き起こり、現地ジャカルタの日本大使館にも問い合わせが相次いだという。

だが、時間が経過するに従い、当該便が民間企業の社員、家族専用の"特別便"であることが判明し、帰国を希望する一般の在留日本人の間には「落胆」「失望」が広がった。

関係者によると清水建設は社員とその家族を帰国させるために約1カ月前から全日空と交渉を開始、最終的に外務省などと方策を詰めたという。

この"特別便"で帰国した清水建設の関係者とその家族は日本に入国後、希望者には同社が用意した職域接種でワクチン接種を実施するとしている。

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに3058人のコロナ感染者 日曜では過

ビジネス

アングル:欧米で広がる金融商品「バズらせ」戦略、標

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

  • 4

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 5

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 6

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 7

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 8

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 9

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 10

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 9

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月