最新記事

人種差別

ファッション界の「中東紛争」がZARAの不買運動に発展

Zara Head Designer Spars With Palestinian Model, Sparks Boycott Calls

2021年6月16日(水)17時46分
エマ・メイヤー

ニューヨークのZARA Caitlin Ochs.-REUTERS

<ユダヤ人デザイナーがパレスチナ人モデルに送った差別的なメッセージが明らかになり、デザイナーは子供の殺害予告を受け取り解雇の危機に。一人の社員が放った憎悪によって、ZARAも行動を迫られている>

スペインの大手ファッションブランド、ザラ(ZARA)をボイコットしようという呼びかけが、ソーシャルメディアで広がっている。そのきっかけは、パレスチナ人のモデルが、パレスチナを支持する自身のインスタグラム投稿に対して、同ブランドのデザイナーが反パレスチナのメッセージ返してきたことだった。

この男性モデル、カヘル・ハラハシはインスタグラムで、差別的なダイレクトメッセージを受け取ったと主張している。ハラハシによれば、このメッセージの送信者はザラ婦人服部門のチーフデザイナー、ヴァネッサ・ペリルマンで、その内容は、イスラエルとパレスチナの紛争に関連するものだったという。

ペリルマンは、以下のように書いたと伝えられている。「もしあなたたちに教育があれば、イスラエルの援助で建てたガザ地区の病院や学校を爆破するようなことはしなかったのよ」

そして、こう付け加えたという。「あなたがモデルの仕事をしているのも変な話。イスラム教では偶像崇拝は禁止でしょ。それにもしあなたが同性愛を公表したとしたら、石打ち刑になるのよね」

後悔は後の祭り

ハラハシが、ペリルマンとのインスタグラム上でのやりとりを記録したスクリーンショットを投稿すると、ソーシャルメディアユーザーの間ではたちまち、「BoycottZara(ザラをボイコットせよ)」「ZaraMustApologize(ザラは謝罪すべき)」というハッシュタグが拡散し、Zaraはイスラム嫌悪だとして非難する動きが始まった。

ハラハシは、ペリルマンとのその後のやりとりのスクリーンショットも公開した。ペリルマンは仕事を失いそうになり、自分の子供たちも危険だと感じるようになった後に謝罪した。

ペリルマンはハラハシに、「なぜ、私と私の仕事にかかわる投稿をしたの?」と、テキストメッセージを送ったという。「気味が悪い。今届いたアラビア語のメッセージには、私の居所を突き止めて子どもたちを殺すと書かれている」

ペリルマンはこう続けた。「職場では、意地悪な人がとても多くて、ユダヤ人について心ない暴言が飛び交っている。それで私もつい八つ当たりをしてしまった。本当に後悔している」

ペリルマンは、「後悔している」「これは本当の私じゃない」と何度も繰り返した。

ハラハシへの最後のメッセージで、ペリルマンは以下のように述べた。「私についての投稿をインスタグラムに載せたままにするというのなら、それもあなたの権利だ。でも、今この時にも、私のところには子どもを殺すという内容の脅迫が届いていることを知ってほしい」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

再送セブン&アイ、今期予想を上方修正 買収した米コ

ビジネス

景気判断、8地域で据え置き サービス消費の回復に期

ビジネス

温室効果ガス排出量トップ企業、気候リスク開示せず=

ビジネス

日経平均は4日続伸、値がさ株がけん引 米株先物が堅

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 10

    親が子どもの自己肯定感を下げてしまう「5つの言葉」 …

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月