最新記事

ファッション

私たちが大好きなジーンズは、東南アジアの劣悪な環境で作られている

The Real Cost of Your Blue Jeans

2019年10月09日(水)17時30分
デーナ・トーマス(本誌ファッション担当)

ジーンズに使われる合成染料には有害な化学物質が含まれている IAN DENG/UNSPLASH

<流行、手頃さ、スピードが最優先。ゆがんだビジネスの高いツケは環境や労働者に>

トレンディで手頃な価格の衣料品を大量生産して短期間で販売するファストファッション。ファッション業界で近年最大のブームだが、実は非常に無駄が多く、深刻な問題も生んでいる。

年間800億枚の衣料を生産するのに大量の水と有害な化学物質を使う。世界全体で6人に1人が衣料品業界で働いているが、ほとんどの場合、危険な労働環境で賃金はごくわずか。売れ残りや廃棄された製品がごみの山にもなる。

こうした問題を解決する万能薬はないが、お先真っ暗というわけではない。持続可能な方法を求めて、さまざまな可能性が模索されている。中古衣料の購入、レンタル、リサイクル、オンデマンド3Dプリント、バイオ材料、生産拠点を国内に戻す、有機・天然繊維、とにかくあまり買わないようにする......。

環境と人間へのダメージが最も大きいのはジーンズかもしれない。本誌ファッション担当の筆者は新著『ファッショノポリス(Fashionopolis)』で、この世界一普及した衣料品の病弊と、その製造に伴う問題の一部解決に役立つ可能性のあるプロセスについて探った(以下は同書からの抜粋)。

jeans02.jpg

トーマスは新著『ファッショノポリス』(左)で環境汚染や労働者搾取といったジーンズ製造の闇の部分に迫る PENGUIN PRESS

人類学者によれば、今この瞬間、世界中の人間の半数がジーンズをはいている。ジーンズの年間製造数は50億本。平均的なアメリカ人はジーンズを7本所有し、毎年4本新調する。「私がジーンズを発明したかった」とフランスのデザイナー、故イヴ・サンローランはかつて語った。「ジーンズの豊かな表情、謙虚さ、セックスアピール、シンプルさ──私が自分の服に求めているものばかりだ」

下着や靴下などべーシックなものを除けば、ジーンズは最も普及している衣料品だ。かつてアメリカの繊維・衣料製造業の主力製品だったが、リーバイ・ストラウス社を皮切りに生産拠点の国外移転が進んだ。2013年4月、バングラデシュで複数の縫製工場が入居するビルが崩壊して1134人が死亡、2500人が負傷した際も、労働者の多くはジーンズの縫製・検査作業中だった。そしてジーンズは、製造過程や使用後に環境に与えるダメージも深刻だ。

ファッションの長所も短所もゆがみも、全部ひっくるめたもの、それがジーンズなのだ。

【参考記事】ファッションで振り返る20世紀

ニュース速報

ビジネス

アジア地域の成長見通しに陰り、貿易摩擦が影響=IM

ビジネス

米オラクルのハード共同CEOが死去

ビジネス

ECB、物価目標引き下げの必要=オーストリア中銀総

ビジネス

FRB、米経済成長持続に向け「適切に」行動=クラリ

RANKING

  • 1

    自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!