最新記事

ファッション

私たちが大好きなジーンズは、東南アジアの劣悪な環境で作られている

The Real Cost of Your Blue Jeans

2019年10月09日(水)17時30分
デーナ・トーマス(本誌ファッション担当)

ニッチな繊維だったデニムに転機が訪れたのは1870年代。

仕立て屋のヤコブ・デービスが織物類の卸売りをしていたリーバイ・ストラウスに助けを求めた。金属鋲で補強した作業用ズボンを大量生産したいが特許取得に必要なドルが払えない。共同経営者にするから代わりに払ってくれないか──。こうして誕生したのがリーバイ・ストラウス社。今もジーンズの大部分をデザイン・販売する、史上最も成功した衣料ブランドの1つだ。

実用からファッションへ

jeans04.jpg

映画『あばれもの』(1953年)でリーバイスのジーンズをはいたマーロン・ブランド ALAIN BENAINOUSーGAMMA-RAPHO/GETTY IMAGES 

1970年代、ジーンズ人気に意外な形で火が付いた──それもファッションストリートと呼ばれる、ニューヨーク・マンハッタンの7番街からだ。

女性解放運動とカジュアルファッションブームを受け、ニューヨークのデザイナーたちはデザイナージーンズというジャンルを考案。「ジーンズはセックスだ」とカルバン・クラインは言った。「タイトなほど売れる」

そこでクラインは80年、当時15歳の女優ブルック・シールズ をCMに起用。「私とカルバン (ジーンズ)の間に何があるか知りたい?」ジーンズとシックな色のブラウスを身に着けたシールズは脚を大きく開き、幼さの残る声で甘くささやいた。「何もないわ」。

CMはあまりに挑発的ですぐ放映禁止になったが、既に魔法は効いていた。クラインのジーンズはCM放映後1週間で40万本、その後は毎月200万本売れた。ジーンズの販売本数は81年だけで5億本に達した。

jeans03.jpg

ブルック・シールズを起用して話題を呼んだ80年のカルバン・クラインの広告 THE ADVERTISING ARCHIVESー ALAMY/AFLO

70年代まで、相当な数のジーンズが防縮加工していない硬いデニムでできていた。柔らかくするにははきまくるしかない。なじむまで丸6カ月。2~3年で裾やポケットの縁が擦り切れてくるか、膝の部分に穴が開く。布地は色あせて「ヒゲ」と呼ばれる筋状のはきジワがつく。最高にかっこいい状態にするには時間も手間もかかった。

だが 80年代にストーンウォッシングが普及。未加工のジーンズを工業用洗濯機に放り込み、軽石と一緒にデニムが擦り切れるまで回す。さらに酸やサンドペーパーややすりを使い、はき古した感じを出す場合もあった。「フィニッシング(洗い加工)」と名付けられたこれらの作業は「ウォッシュハウス」という広大な加工場で行われた。今では1日何千本ものジーンズの加工がウォッシュハウスで行われる。

ロサンゼルスなどの一部のウォッシュハウスは技術が非常に高く安全・環境基準も厳しいが、多くはそうではない。その一例を私は昨年4月、蒸し暑いべトナムのホーチミン市で目の当たりにした。

【参考記事】「邪悪」フォーエバー21破産でも、ファストファッション自体は健在

ニュース速報

ワールド

金正恩氏、ASEAN首脳会議出席見送り 南北関係緊

ワールド

香港の安定を脅かすことは決して容認しない=中国外相

ワールド

ドイツの対米輸出、第3四半期は前年比+7.6% 貿

ワールド

中国、米との「第1段階」通商合意に向け懸命に取り組

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

  • 4

    平然と他人に責任を転嫁しがちな「誇大型ナルシスト…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!