最新記事

ハッカー攻撃

ランサムウェア攻撃に対し身代金を払った企業の8割はまた襲われる

Most Businesses That Pay Off After Ransomware Hack Hit With Second Attack: Study

2021年6月24日(木)19時13分
レベッカ・クラッパー
ランサムウェアのイメージ

襲われたら最後、ロクなことにならないランサムウェア style-photography-iStock

<会社の重要なデータを人質に獲るランサムウェア。 一度身代金を払うとまた襲われる確率が高くなるうえ、データが完全に戻るとは限らず、4社に1社は廃業すにいたるという報告書が出た>

ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)によるサイバー攻撃を受け、システム復旧のために身代金を支払った組織の大半が、再び攻撃を受けている――サイバーセキュリティ会社「サイバーリーズン」が6月16日、こんな調査結果を発表した。

同社は、世界各国の1300人近いセキュリティ担当者を対象に調査を実施。その結果、ランサムウェアによる攻撃を受けて身代金を支払った組織の80%が、2回目の攻撃を受けていたことが分かった。このうち46%が、1回目と同じ犯罪組織からの攻撃とみられる。

ランサムウェア攻撃の影響は深刻だ。調査会社のセンサスワイドがサイバーリーズンの委託を受けて実施したこの調査によれば、ランサムウェア攻撃を受けた組織の25%がその後、廃業に追い込まれており、29%が人員削減を余儀なくされた。

サイバーリーズンのリオ・ディブ最高経営責任者(CEO)は、身代金を支払ってもデータを完全に復元させられる保証はないし、将来の攻撃から組織を守ることができる訳でもないと、次のように警告した。

「要求された身代金を支払っても、データを完全に復元させられる保証はないし、攻撃者が再びその企業を狙うのを阻止できる訳でもない。結局は、攻撃者を強気にさせて問題を悪化させるだけだ」

被害額は前年比225%増

システム復旧のために身代金を支払った組織のうち46%は、データに再びアクセスできるようになったものの、その一部または全部が破損していたと回答。データを完全に復元できたと回答したのは51%で、身代金を支払ってもデータにまったくアクセスできなかったと回答したのは全体の3%だった。

サイバーリーズンの調査は、2021年のランサムウェア攻撃の被害額は、世界全体で200億ドルに達する見通しだとしている。また米FBIが毎年発表している犯罪報告書によれば、アメリカでは2020年、ランサムウェア攻撃の被害総額が前年比で225%以上増加。サイバー犯罪の被害報告は、前年比で69%増えたという。

2020年にサイバー攻撃が増えた大きな理由は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、テクノロジーの利用が増えたことだとみられている。

FBIのポール・アバテ副長官は報告書の中で、「アメリカの市民は2020年、世界的なパンデミックから家族を守り、困っている人々を手助けすることに集中していた。サイバー犯罪者たちは、人々がテクノロジーに頼っていたこの状況を利用して、次々とインターネット犯罪を重ねていった」と指摘した。

「これらの犯罪者たちは無防備なアメリカ市民を狙い、フィッシングやなりすまし、恐喝などさなざまなネット詐欺をはたらいた」

ニュース速報

ワールド

米コロナ感染者、ワクチン低接種率7州が半分占める 

ワールド

イラン大統領「米は全ての制裁解除を」、議会で宣誓

ビジネス

FRB、早めの緩和解除も可能 デジタルドルで決済機

ワールド

米コロナ新規感染者10万人超、半年ぶり高水準 数週

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 5

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 6

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 9

    デルタ株、感染者の74%はワクチン接種済み WHO 「苦労…

  • 10

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏まれる決定的瞬間

  • 4

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメ…

  • 5

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 6

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 9

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 10

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月