最新記事

イラン

イランで同性愛の男性を親族が惨殺

Man Allegedly Beheaded by His Family for Being Gay

2021年5月13日(木)18時57分
ジャック・ダットン
スペイン・マドリードのイラン大使館前でLGBT迫害に抗議する人々(2009)

スペイン・マドリードのイラン大使館前でLGBT迫害に抗議する人々(2009) Susana Vera-REUTERS

<革命防衛隊から届いた兵役免除通知で同性愛を知った親族の男3人に首を切断された疑い>

イランで5月上旬、20歳のアリレザ・ファゼリ・モンフェアド(通称アリ)が、同性愛者であることを理由に殺害される事件があった。アリが同性愛を理由に兵役を免れたと知った男性親族3人が、彼の首を切って殺したものとみられている。

webw210513_iran3.jpeg
fanpage.it/YouTube



報道によれば、イラン南西部アフワーズ出身のアリは、5月4日に殺害された。ロンドンに拠点を置くペルシャ語放送局のイラン・インターナショナルが8日に報じたところによれば、事件に先立ち、複数の親族がイラン革命防衛隊から送られてきた通知書を目にしていた。通知書には、アリの性的指向を理由に兵役を「免除」する旨が記されていた。

イランでは男性に2年間の兵役義務が課されているが、法律により「性転換などの道徳的・性的な堕落」が認められる者については、兵役を免除することが法律で定められている。通知書には、この法律に関する内容が含まれていたということだ。

イランではイスラム法の下で同性愛が禁止されており、違反した者は禁錮刑や鞭打ち刑、さらには死刑に処せられる可能性がある。

身の危険を感じていた

アリのパートナーだったアギル・アバヤットは人権報道機関のイラン・ワイヤーに対して、アリが最後に母親と話したのは5月4日の午後7時頃だったと語った。その後、彼は義理の兄弟と2人の従兄弟によって街から離れた場所に連れ出され、「首を切断された」という。

イランのLGBT権利擁護団体「6rang(6つの色)」によれば、アバヤットは、アリを殺した3人が彼の母親に電話をかけて、遺体のある場所を告げたと語った。母親はボルミという村にあるヤシの木の下に息子の遺体が置き去りにされているのを見つけた後、体調を崩して入院したという。

6rangは11日にNBCニュースに対して、これまでのところアリ殺害に関連して逮捕者は出ていないと述べた。

BBCペルシャ語放送は7日に、アリは家族から危害を加えられることを恐れて、パートナーと共にトルコに移住してヨーロッパに亡命を申請する計画を立てていたと報じた。

複数の人権団体や活動家、弁護士や政治家がアリ殺害を非難している。

カリフォルニア州議会のスコット・ウィーナー上院議員は10日、ツイッターに次のように投稿した。「またもやLGBTQのイラン人が、同性愛を理由に惨殺された。家族によって首を切断されたのだ。アリレザ・ファゼリ・モンフェアドは、パートナーと共に国外に脱出しようとしていたところだった。世界のあまりに多くの地域で、LGBTQの人々が危険にさらされている。私たちはそれを黙って見ている訳にはいかない」

ニュース速報

ビジネス

流動性引き締めの「憶測」に警告、中国人民銀行系の金

ワールド

ブラジルのコロナ死者が50万人突破、さらなる悪化も

ワールド

オーストラリア、中国をWTOに提訴へ ワイン制裁関

ワールド

台湾代表部の職員7人が香港離れる、「1つの中国」に

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 9

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月