最新記事

英王室

ヘンリー王子とメーガン妃はテレビ出演で高額の報酬を得たか

Fact Check: Were Meghan Markle and Prince Harry Paid for Oprah Interview?

2021年3月9日(火)13時58分
アンダース・アングルシー
オプラのインタビューに答えるメーガン妃

英王室から人種差別を受けたと爆弾発言をしたメーガン Harpo Productions/Joe Pugliese/Handout via REUTERS

<英王室を批判する爆弾発言のみならず高額な放映権料も注目を集めている>

オプラ・ウィンフリーによる英ヘンリー王子とメーガン妃への衝撃のインタビューは間違いなく、2021年のテレビ界における最大の「事件」のひとつとなるだろう。2人は英王室に打撃をもたらす可能性のある幾つかの主張を展開した。たとえば英王室のあるメンバーが、生まれてくるアーチーの肌の色がどれぐらい黒いかを「懸念」していたという主張だ。

一部のコメンテーターは、このインタビューがヘンリーとメーガン、そしてオプラの制作会社ハーポ・プロダクションに巨額の利益をもたらしたと指摘。3月5日付のウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば、CBSは同インタビュー番組の放映権獲得に700万~900万ドルを支払った。2時間のインタビュー番組の合間に放送されるCM広告料は、30秒で32万5000ドルだったという。

2人は「大金を得た」のか

ソーシャルメディア上では、ヘンリーとメーガンに対して出演料が支払われたかどうかの憶測が飛び交った。

アメリカでもイギリスでも、複数のコメンテーターがインタビュー番組についての意見をソーシャルメディアで共有し、中にはヘンリーとメーガンにどれだけの金が渡ったのだろうかと疑問を投げかけた者もいた。そしてそれらの投稿には何千もの「いいね」がつき、何百回もリツイートされた。

イギリスのラジオ番組司会者であるジュリア・ハートリー・ブリューワーは、次のようなツイートを投稿した。「これから生まれる赤ん坊の性別を、数百万ポンドの報酬と引き換えにテレビのインタビューの中で明かすことを選ぶなら、プライバシーを守りたいなどという主張は捨てるべきだ。彼らはきわめてプライベートな情報を売ることを選んだのだから」

ハートリー・ブリューワーはその後、自身のコメントについてさらに詳しく説明。「彼らはネットフリックスやスポティファイをはじめ、名前と肩書だけを目当てに彼らを雇う人々に向けて、自分たちがどれだけ数字を取れるかをアピールするためにあのインタビューを受けた。あのインタビューが大金を呼び込むことになるだろう」と書き込んだ。

ほかにも複数の人物が、CBSの支払った放映権料が700万~900万ドルだと報じられたことを引き合いに出してコメントを投稿した。

「タブーなし・報酬なし」を強調

インタビューの冒頭でオプラは、ヘンリーとメーガンに対するどんな質問もタブーはない約束で、2人に対して出演料は支払われないと述べた。

オプラはメーガンに対して、「私がどんな質問をするかはお伝えしていないし、聞いてはいけない質問もない。あなた方に報酬も支払われないということで合意していますよね」と語りかけ、メーガンは「そのとおりです」と答えた。

ニュース速報

ビジネス

中国スマホ出荷、3月は前年比67.7%増 コロナ前

ビジネス

中国の3月新規融資は予想上回る、社会融資総量は伸び

ビジネス

フランス水事業ベオリアとスエズが合併で合意、150

ワールド

EU、中国のアルミ製品に暫定的な反ダンピング関税を

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月