最新記事

新型コロナウイルス

アメリカのコロナ感染拡大はピークを超えた?

COVID Cases Fell in Donald Trump's Last Week as President. Here's the Sad Reason Why

2021年1月27日(水)17時10分
カシュミラ・ガンダー

ニューヨーク市ブロンクスの救急センターで、PCR検査を受けるために並ぶ人々(1月6日)David 'Dee' Delgado -REUTERS

<この1週間、アメリカの感染者数や死亡者数は減少したが、まだホリデーシーズンの前に戻っただけ。これからが正念場だ>

ここ数カ月、アメリカでは新型コロナウイルスの感染、入院、死亡件数が記録を更新し続けてきたが、実はドナルド・トランプが大統領任期を終える週に新規感染者数は少しだけ減少した。

これがジョー・バイデン大統領の手柄でないことは確かであり、すぐに増加に転じる可能性もある、と専門家らは口をそろえて本誌に語った。

COVID(新型コロナウイルス感染症)追跡プロジェクトによると、1月14日以降の7日間に、週単位の新規感染者数は20%減少した。11月中旬以来、休日の入らない週としては、新規陽性者が最も少なかった。

一方、16週連続で上昇していた週の入院件数の平均値も、4%減少した。だが死亡者数は依然として高いままだった。同じ週の死亡者は約2万1301人で、パンデミックが始まって以来2番目に多かった。

1月26日の最新データでは、新規感染者数と入院件数が減少しており、COVID追跡プロジェクトは「希望に満ちた兆候」だと評した。

COVID追跡プロジェクトチームは22日にこう報告した。「感染拡大が最悪の状態にある州でさえ、新規感染、入院、死亡の割合が減少する兆候が見えている。ただし一部地域ではいまだに、新規感染と入院件数は非常に多く、死亡率もすさまじく高い」

現在のところワクチン接種は遅々として進まず、アメリカの新型コロナウイルスの感染者と死亡者数は、世界で最も多い。これまでに感染者は2520万人以上、死者は42万1000人以上と報告されている。

年末イベントの影響か

専門家によれば、今回の減少は感謝祭から年末年始にかけてのホリデーシーズン中に米疾病対策センター(CDC)のアドバイスに逆らって、旅行や大人数の集まりに参加した人々が引き起こした感染爆発の反動である可能性が高い。

ホリデーシーズン中の危険な行動が、その後の感染爆発につながった、とジョージ・メイソン大学のアミラ・ローズ教授(グローバルヘルスと疫学)は語る。

多くの専門家は、年末年始の休暇の約3週間後に感染者数は減るよりもむしろ最高に達すると予測していた。COVID 追跡プロジェクトのデータはそれを反映している。

オックスフォード大学のジェニファー・ダウド准教授(人口統計学と公衆衛生)は以前、数週間以内にワクチンを受けることができるかもしれないのに、人々がこのホリデーシーズン中に集まる危険を冒し、家族を失うとしたら、「悲劇的」で「心が痛む」と本誌に語っていた。

ボストン大学医学部のジョシュア・バロカス助教授によれば、アメリカの感染状況は「峠を越えた」と言うには時期尚早であり、感染者数がピークを過ぎて今後は持続的に減少するのか、それとも再び増加するかを判断することはできない。

「大規模なワクチン接種が実施されるまで、新規感染者数は上下すると思う。数週間は増加し、数週は減少する、というふうに」と、バロカスは言う。

ニュース速報

ワールド

NZ中銀総裁、緩和策の継続を再度表明

ワールド

米、シリア国内の親イラン勢力施設を空爆=当局者

ビジネス

米ドアダッシュ、今年下期の受注鈍化見込む ワクチン

ビジネス

鉱工業生産、1月は半導体増産で3カ月ぶりプラス 3

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 7

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 8

    米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月