最新記事

ワクチン

新型コロナ・ワクチンの接種後もマスク着用が必要な理由

2021年1月6日(水)17時50分
松岡由希子

世界各地で新型コロナウイルスワクチン接種が始まっている...... REUTERS/Benoit Tessier

<新型コロナウイルスワクチンを接種しても100%感染しないというわけではなく、無症状病原体保有者と同様に、他者に新型コロナウイルスを感染させる可能性はある...... >

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、2020年12月11日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を許可し、12月14日、米国でその接種を開始。

アメリカでは483万人以上が1回目のワクチン接種を終えた

12月18日には、米モデルナの新型コロナウイルスワクチンの緊急使用も許可され、2021年1月5日時点で、米国で483万人以上が1回目のワクチン接種を終えた。いずれの新型コロナウイルスワクチンも、約4週間の接種間隔をあけて2回接種すると、約95%の有効性が確認されている。

米国に先駆けて12月8日に接種を開始した英国では、新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、12月30日以降、2回目の接種よりも、重症化リスクの高い人により多く1回目のワクチンを接種させることを優先している。

しかし、ファイザーが「新型コロナウイルスワクチンの単回接種で、接種から21日後に感染から予防することを示すデータはない」と述べているように、新型コロナウイルスワクチンの単回接種でどのような免疫反応があるのかは明らかになっていない。

ワクチンによる免疫の持続期間は解明されていない

これまでの新型コロナウイルスワクチンの臨床試験で検証されたのは「被験者が新型コロナウイルス感染症に発症しないかどうか」だけだ。つまり、ワクチンによって新型コロナウイルス感染症の発症は予防できるかもしれないが、100%感染しないというわけではなく、無症状病原体保有者と同様に、他者に新型コロナウイルスを感染させる可能性はある。

新型コロナウイルスワクチンによる獲得免疫は6ヶ月程度持続できるとみられているが、その持続期間は完全に解明されていない。また、臨床試験で約95%の有効性が示されているとはいえ、臨床試験と実際の集団予防接種では、ワクチンの保管や運搬など、様々な条件が異なるため、ワクチンの有効性が同じであるとは限らない。

ワクチン接種が進んでも、マスクの着用、手洗いは不可欠に

人口のどれくらいの割合が新型コロナウイルスに対して免疫を持てば、感染拡大の抑制につながる「集団免疫」を獲得できるのかも、現時点ではわかっていない。米ギャラップによる世論調査では、2020年11月時点で、米国人の37%が新型コロナウイルスワクチンの接種に消極的な姿勢を示しており、集団免疫を妨げる要因となることも懸念されている。

世界各国で集団予防接種がすすむとしても、新型コロナウイルス感染症の発生が続いている限り、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いといった感染予防策の徹底は不可欠だ。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)では、新型コロナウイルスワクチンを2回接種した後も、マスクの着用とソーシャルディスタンスの確保を継続して行うよう呼びかけている。

ニュース速報

ビジネス

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサ

ビジネス

英中銀、回復への下向きリスクに強く対抗すべき=ハス

ビジネス

米長期金利上昇、インフレ懸念でなく回復期待を反映=

ワールド

米上院民主、失業給付加算縮小で合意 コロナ追加対策

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 2

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    コロナ禍での「顧客データ危機」を回避せよ DX時代、オ…

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 6

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 7

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    バブルは弾けた

  • 10

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月