最新記事

ソーシャルメディア

FBやツイッター がトランプ動画を削除しても、右派「検閲なし」SNSが大盛況

Trump Video Removed by Facebook Viewed Millions of Times on Parler, Rumble

2021年1月8日(金)16時54分
ジェイソン・マードック

検閲なき抜け穴サイト、パーラーのスクリーンショット。下が大手で削除されたメッセージ動画。上の最新の動画では、違法に米議会を襲撃した人々を非難し、スムーズな政権移行を実現するとしながら、「我々のジャーニーは始まったばかりだ」と言っている Screenshot/Parler

<「言論の自由を保障する」と謳う保守派ソーシャルメディアで数百万回も視聴され続けている>

2020年11月の米大統領選の選挙人投票集計が行われていた連邦議会で1月6日、ドナルド・トランプ大統領の支持者の一部が警備を破って米議会議事堂に乱入する騒ぎが発生した。この事態を受けてフェイスブック、ツイッターとYouTubeは、トランプが投稿したメッセージ動画を削除した。誤った情報を含み、さらなる暴力を煽るおそれがあると判断したためだ。

だがアメリカの保守派の間でツイッターやYouTubeに代わるソーシャルメディアとして人気が高まっている「パーマー」と「ランブル」は、トランプの動画を掲載し続けており、その視聴回数は数百万回にのぼっている。

暴徒化した支持者らが議事堂に乱入した後、トランプはメッセージ動画の中でこう語った。「我々は選挙結果を盗まれた。我々が大勝したことは誰もが知っている。だが、もう家に帰るべきだ」

この動画を、FOXニュースのトーク番組司会のショーン・ハニティや右派の政治評論家などが、カナダの動画共有サイト「ランブル」に投稿。これまでに42万回以上視聴されている。

CEOのジョン・メッツェが「ツイッターの言論の自由バージョン」と謳うパーラーにトランプ陣営が投稿した動画は、これまでに約470万回視聴されているようだ。

トランプ支持のコメントが殺到

パーラーのコメント欄には、トランプを支持するコメントが殺到している。ユーザーのEricjは「この選挙が不正なものだということは、みんなが知っている」と投稿。Debbielemasterは「すべてトランプ大統領を攻撃するために仕組まれたことだ!彼は歴史上、最高の大統領だ!」と書き込んだ。Juliemroccoは「彼ほど私たちのために一生懸命に戦ってくれた人はいない。感謝している」と投稿した。

オリジナルの動画は6日にトランプの公式YouTubeアカウントから削除されたが、今もこうしたSNSや一部報道機関を介して拡散されている。

YouTubeの広報担当は動画を削除した理由について、「2020年の米大統領選には大規模な不正があった、という主張が、YouTubeのコンテンツポリシーに違反」するためだと説明。ただし注釈と教育的価値を加えた場合には、動画のコピーを削除せずに残していいとも述べた。

これまでトランプの投稿の制限には消極的だったフェイスブックも、今回は問題のメッセージ動画と選挙不正を主張する別の投稿を削除したことを明らかにした。

同社の公正化担当副社長ガイ・ローゼンとグローバルポリシー管理責任者のモニカ・ビッカートは6日、連名でブログに投稿し、「これらの投稿は、いま展開されている暴力のリスクを小さくするどころか助長していると判断した」と説明。フェイスブックはその後、トランプのアカウントを24時間凍結すると表明した。

ニュース速報

ワールド

中国の2020年総人口は14.1億人、1950年代

ワールド

アリババの馬氏、杭州の本社イベントに姿現す

ビジネス

ソフトバンク、今期営業利益ほぼ横ばい 料金値下げが

ワールド

イスラエル軍、11日未明もガザ空爆継続 ロケット弾

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

  • 8

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 9

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月