最新記事

ソーシャルメディア

FBやツイッター がトランプ動画を削除しても、右派「検閲なし」SNSが大盛況

Trump Video Removed by Facebook Viewed Millions of Times on Parler, Rumble

2021年1月8日(金)16時54分
ジェイソン・マードック

検閲なき抜け穴サイト、パーラーのスクリーンショット。下が大手で削除されたメッセージ動画。上の最新の動画では、違法に米議会を襲撃した人々を非難し、スムーズな政権移行を実現するとしながら、「我々のジャーニーは始まったばかりだ」と言っている Screenshot/Parler

<「言論の自由を保障する」と謳う保守派ソーシャルメディアで数百万回も視聴され続けている>

2020年11月の米大統領選の選挙人投票集計が行われていた連邦議会で1月6日、ドナルド・トランプ大統領の支持者の一部が警備を破って米議会議事堂に乱入する騒ぎが発生した。この事態を受けてフェイスブック、ツイッターとYouTubeは、トランプが投稿したメッセージ動画を削除した。誤った情報を含み、さらなる暴力を煽るおそれがあると判断したためだ。

だがアメリカの保守派の間でツイッターやYouTubeに代わるソーシャルメディアとして人気が高まっている「パーマー」と「ランブル」は、トランプの動画を掲載し続けており、その視聴回数は数百万回にのぼっている。

暴徒化した支持者らが議事堂に乱入した後、トランプはメッセージ動画の中でこう語った。「我々は選挙結果を盗まれた。我々が大勝したことは誰もが知っている。だが、もう家に帰るべきだ」

この動画を、FOXニュースのトーク番組司会のショーン・ハニティや右派の政治評論家などが、カナダの動画共有サイト「ランブル」に投稿。これまでに42万回以上視聴されている。

CEOのジョン・メッツェが「ツイッターの言論の自由バージョン」と謳うパーラーにトランプ陣営が投稿した動画は、これまでに約470万回視聴されているようだ。

トランプ支持のコメントが殺到

パーラーのコメント欄には、トランプを支持するコメントが殺到している。ユーザーのEricjは「この選挙が不正なものだということは、みんなが知っている」と投稿。Debbielemasterは「すべてトランプ大統領を攻撃するために仕組まれたことだ!彼は歴史上、最高の大統領だ!」と書き込んだ。Juliemroccoは「彼ほど私たちのために一生懸命に戦ってくれた人はいない。感謝している」と投稿した。

オリジナルの動画は6日にトランプの公式YouTubeアカウントから削除されたが、今もこうしたSNSや一部報道機関を介して拡散されている。

YouTubeの広報担当は動画を削除した理由について、「2020年の米大統領選には大規模な不正があった、という主張が、YouTubeのコンテンツポリシーに違反」するためだと説明。ただし注釈と教育的価値を加えた場合には、動画のコピーを削除せずに残していいとも述べた。

これまでトランプの投稿の制限には消極的だったフェイスブックも、今回は問題のメッセージ動画と選挙不正を主張する別の投稿を削除したことを明らかにした。

同社の公正化担当副社長ガイ・ローゼンとグローバルポリシー管理責任者のモニカ・ビッカートは6日、連名でブログに投稿し、「これらの投稿は、いま展開されている暴力のリスクを小さくするどころか助長していると判断した」と説明。フェイスブックはその後、トランプのアカウントを24時間凍結すると表明した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は続落で寄り付く、半導体売り続く 一時30

ビジネス

海外勢の米国債保有、2月は過去最高更新 日本の保有

ビジネス

米インフレ抑制、停滞の可能性=ボウマンFRB理事

ビジネス

G7財務相、イラン制裁やロシア凍結資産の活用で協力
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中