最新記事

台湾海峡

米U-2偵察機が中国の防空識別圏に進入、台湾への軍事行動を牽制

U.S. Spy Plane Spotted in Chinese Airspace Amid Tensions Between Countries

2020年12月11日(金)16時25分
ジョン・フェン

中国の防空識別圏に進入したU2偵察機「ドラゴンレディ」 REUTERS/U.S. Air Force/Staff Sgt. Brian Ferguson/Handout/File Photo

<米軍機がここまで中国沿岸に接近したのは10月以来。中国の台湾侵攻を警戒する米軍と、米軍の妨害を警戒する中国軍が火花を散らす>

航空機追跡データによると、12月10日、米空軍の偵察機1機が中国の防空識別圏(ADIZ)を通過し、中国東部の沿岸地帯から51海里(約95キロメートル)以内に進入した。

北京のシンクタンク「南海戦略態勢感知計画(SCSPI)」によれば、「ドラゴンレディ」の異名を持つ高高度偵察機U-2は韓国のソウルから出撃し、台湾海峡に進入。冷戦時代にロッキード社によって開発された同偵察機は、東シナ海上空の防空識別圏を縦断した後、中国東部・福建省の沿岸から約51海里、台湾北西部の沿岸地帯の約70海里(約130キロメートル)沖の地点まで引き返した。

同シンクタンクのデータによれば、米軍の偵察機が台湾海峡にここまで接近したのは、10月以来。米政府は、中国が台湾に対していかなる軍事行動を取るのも阻止しようと目を光らせている。

通常、航空機が他国の防空識別圏を飛行する場合には、その国の航空当局に事前に連絡を入れることとされている。だが防空識別圏は各国が独自に設定しているもので、国際的な決まりがあるわけではない。

航空機識別サイトの情報によれば、11月には、米空軍の爆撃機2機がグアムにあるアンダーセン空軍基地から出撃し、東シナ海上空の中国の防空識別圏に進入。人民解放軍(PLA)の迎撃機2機が出動したと報じられている。

2009年以降は偵察活動を強化

SCSPIは10月、本誌に対して、アメリカは2009年以降、中国上空に派遣する偵察機の数を2倍近くに増やしていると指摘。今では、南シナ海における米空軍機の年間飛行回数は1500回以上、米軍艦船の活動は年1000回に達しているという。

また同シンクタンクは11月の報告書の中で、米軍は民間の航空機を使ってこっそりと偵察活動を行っており、3月から11月にかけて黄海や(領有権争いのある)東シナ海と南シナ海の上空で160回以上にわたって偵察を行っている。

米軍が偵察活動を活発化させる一方、中台間の軍事的な緊張は高まっている。中国政府は、台湾はいずれ中国に統合されることが決まっていると主張しているが、台湾は蔡英文が総統に就任して以降、中国に対する抵抗姿勢を強めている。

今夏に国立政治大学選挙研究センター(台北)が実施した調査では、自分を「台湾人」だと認識している人が過去最高の67%にのぼった一方で、自分を「中国人」だと認識している人は2.4%と過去最低を記録した。とりわけ蔡英文が総統に就任し、ドナルド・トランプが米大統領に選出された2016年以降、アメリカは民主主義体制の台湾を支援してきた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル横ばい、17日公表のFOMC議事

ビジネス

ウクライナ穀物輸出再開、初めての運搬船がシリアに到

ビジネス

米、インフレ抑制法成立 バイデン氏が署名 4300

ワールド

原油先物3%安、世界的な景気後退懸念で半年ぶり低水

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月