最新記事

ルポ特別養子縁組

「養子縁組」で母になったTBS久保田智子、いま何を思うのか

2020年12月13日(日)16時00分
小暮聡子(本誌記者)

一児の母となった久保田智子が語る、幸せのカタチとは(11月末、久保田の自宅にて撮影) Photograph by Mayumi Suzuki for Newsweek Japan

<TBS元アナウンサーの久保田智子は、特別養子縁組制度がつないだ縁で母になった。なぜその選択をしたのか、「家族」に血のつながりは必要か、彼女が語る「幸せのカタチ」とは――>

TBSの元アナウンサーで、2016年に退社後、今月1日付で同社の報道局に復帰した久保田智子(43)は現在、1歳10カ月の女児の母だ。彼女は19年1月、特別養子縁組がつないだ縁で生後4日目のハナちゃん(仮名)を養子に迎えた。

特別養子縁組とは、厚生労働省の言葉で言うと「子の福祉を積極的に確保する観点から、戸籍の記載が実親子とほぼ同様の縁組形式を取るものとして、昭和62年に成立した縁組形式」のことだ。普通養子縁組と違って、特別養子縁組は生みの親との親族関係を終了し、法律上も「実の親子」になる制度である。
20201222Issue_cover200.jpg
12月15日(火)発売のニューズウィーク日本版(12月22日号)「ルポ特別養子縁組 ~私が母になるまで」では、久保田と、夫である日本テレビ記者の平本典昭(42)がハナちゃんに出会い、家族を作っていく道のりを特集する。

なぜ特別養子縁組という選択をしたのか、ハナちゃんを育てる中でいま何を思うのか、久保田に本誌・小暮聡子が聞いた。

◇ ◇ ◇


――今、ハナちゃんは1歳10カ月。母になって、思うことは?

何だろう、ハナちゃんがいて、毎日が本当に幸せだなぁって......。ずっと一緒にいて生活していくと、そこで得られるものは自分の想像をはるかに超えていた。

ハナちゃんに出会うまでは、人からどう見られるかばかりを気にしていた。でも今は、人に何と思われてもいいや、ハナちゃんのために出来ることを優先したいと思える、そんなにも大切なものができた。 大変なことでさえも、とても前向きに捉えている。

――子供を欲しいと思ったのはいつ頃か。なぜ、養子縁組をしようと思ったのか。

20代の時、自分が不妊症であると知った。お医者さんは、子供は難しいでしょうという言い方をしていた。できないかもしれないと思ったところが、欲しいと思った始まりのような気がする。

それからは、恋愛をするたびに考えていた。どういうテンションで、どういうタイミングで、でも私、子供ができないかもしれないんだよねって相手に言うのかなって。

一方で、私は早い段階から養子縁組という選択肢を知識として得ていた。高校の保健体育の授業で、性教育の一環として、中には子供を儲けることができない夫婦もいるけれど養子縁組という可能性もある、と教えられていた。

TBSに入社後に見た『報道特集』の番組でも、若い夫婦が養子縁組をする様子がとにかく明るいトーンで描かれていた。早いうちから養子という選択肢が自分の中にあったことは、私にとってはとても良かった。

――今回、本誌の特集の取材を受けることにした理由についても、養子縁組という選択肢を伝えたいと話していた。

こんなに幸せなことが起こるなら、もし子供を持つことを希望する人がいるのなら、若いうちから1人でも多くの人に選択肢の1つとして知ってほしいと思った。

ニュース速報

ワールド

J&Jワクチン接種再開は情報収集後、米CDC諮問委

ビジネス

米景気回復は緩やかに加速、今後さらに成長・雇用拡大

ワールド

米副大統領、メキシコ・グアテマラ訪問の意向 中米の

ワールド

米投票制限法、アップルなど100社超が異議唱える共

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 3

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 4

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 5

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 6

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 7

    ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

  • 8

    飲食店の「違反営業」許さず! 米市当局の過激な実力…

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月