最新記事

米大統領選

1月20日、トランプは「自分の大統領就任式」に出る?

More Than 60,000 Trump Supporters Plan To Attend Virtual 'Second Inauguration'

2020年12月23日(水)17時05分
マシュー・インペリ

敗北を認めていないトランプはバイデンの就任式をパスする? Jonathan Ernst-REUTERS

<ネット上ではトランプ支持者がトランプの「2度目の就任式」を呼び掛け、すでに6万人が参加を表明している>

ドナルド・トランプ大統領支持者が、来年の1月20日にトランプの「大統領就任式」を企画している。そして、同日に行われるジョー・バイデン次期大統領の就任式のかわりに、このイベントに出席するよう呼び掛けている。

「ドナルド・J・トランプ2度目の就任式」と称するフェイスブックのオンラインイベントには、32万7000件を超える回答があり、うち6万人が参加を予定している。説明書きによると、同イベントはトランプを支持する私人が集まった草の根運動で、公的な組織とはいっさい関係ないと注意書きがある。英インディペンデント紙によれば、このイベントを企画したイリル・チャミとエヴィ・コカラリの2人は、トランプの2020年選挙対策本部で働いていた。

一方フェイスブックも、トランプが再選されたかのようなフェイクニュースを放置したと誤解されないために以下の断り書きを入れている。「次期大統領にはジョー・バイデンが選出された。2021年1月20日に第46代アメリカ大統領に就任するのはバイデンだ」

先の大統領選の勝者はバイデンであり、就任式まで1カ月を切っている。だがトランプはいまだに敗北を認めず、大規模な選挙不正があったという主張を続けている。ただし、このバーチャルイベントにトランプが出席するつもりかどうかは不明だ。

実際、トランプが慣例通りにバイデンの就任式に出席するかどうかはメディアの注目の的だ。11月にFOXビジネス・ネットワークにこの点を問われたホワイトハウスの大統領報道官ケイリー・マクナニーは次のように答えた。「それは1月の話で、まだずっと先のことだ。トランプ大統領は、自分が大統領になる、2期目がある、と信じている」

平和的な権力移譲の象徴なのに

FOXビジネスの司会が、トランプがバイデンの就任式に出席しないとしたら「非常に印象が悪い」と述べると、マクナニーはこう言った。「大統領は自身の就任式に出席すると思う。実際、出席しなければならないだろう」

12月2日に行われたホワイトハウスでの記者会見で、トランプがバイデンの就任式に出席するか否かを改めて訊ねられたときは、「それについては、大統領自身の発表に委ねたい」とマクナニーは答えた。

元共和党下院議長のニュート・ギングリッチは12月22日、トランプは「おそらく」バイデンの就任式に出席するだろうと言う。「歴史上、後任大統領の就任式に出席しなかった現職大統領はごくわずかしかいない。ジョン・クインシー・アダムズは出席しなかった。1869年には共和党員たちが出席しなかった。だが(就任式出席は)慣例だ」とギングリッチはラジオ番組で話した。「トランプが出席しないのなら、理由を説明する必要があるだろう」

バイデン自身は、12月はじめにCNNに対し、トランプが就任式に出席し、権力移譲が平和的に行われたことを示すことが重要だ、と述べている。「権力移譲の手続きは重要だと思う。これはひとえに彼が決めるべきことであり、私個人にはなんの影響もない。だが、国のためにはそうすべきだ」

(翻訳:ガリレオ)

20210309issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

3月9日号(3月2日発売)は「人民元研究」特集。一足先にデジタル化する人民元の本当の実力――中国の通貨はやがて世界を制するのか。[PLUS]「王者」米ドル、栄光と挫折の歴史

ニュース速報

ビジネス

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサ

ビジネス

英中銀、回復への下向きリスクに強く対抗すべき=ハス

ビジネス

米長期金利上昇、インフレ懸念でなく回復期待を反映=

ワールド

米上院民主、失業給付加算縮小で合意 コロナ追加対策

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 2

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 3

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測される

  • 4

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 5

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 8

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 9

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 10

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月