最新記事

黒人差別

警官の暴力は許せないが、警官の顔撮影は禁止するというマクロンの二枚舌

Clip of French Police Beating Black Man Watched 14M Times

2020年12月1日(火)18時30分
レベッカ・スピアコール

暴行の一部始終が監視カメラに捉えられていた FRANCE 24 English/YOUTUBE

<警官による黒人暴行の動画の視聴回数は1400万回を越えたが>

フランスで、複数の警察官が黒人男性に暴力を振るう動画がネット上で拡散し、これまでに1400万回視聴されている。エマニュエル・マクロン率いる政府は、警察官の撮影を禁じる法案の成立を目指しているが、動画の拡散が法案の審議にも影響を及ぼすことになりそうだ。

オンラインニュースサイトの「ループサイダー」は11月26日、監視カメラの映像を公開。同21日に撮影された映像には、音楽プロデューサーのミシェル・ゼクレアがパリにあるスタジオで、数分間にわたって3人の警察官に殴る蹴るの暴行を受け、さらにもう1人の警察官がスタジオ内に催涙弾を投げ込む様子が映っていた。発端は、ゼクレアがマスクを着用しているか否かをめぐる口論だったと報じられている。

この動画が拡散したことで、フランスでは警察官による人種差別の問題が改めて注目されている。またフランス政府が、市民が(警察の暴力行為を抑止・記録するために)携帯電話で警察官を撮影することを禁じる法案を提出したことで、特に移民が多く暮らす地域では不安の声が高まっている。

現在、議会で審議が続けられている問題の法案は、市民が悪意を持って警察官の(顔が認識できる)画像や動画を公開することを禁じる内容だ。11月28日にはフランス各地で法案に抗議するデモが展開され、パリでも大勢の人がデモ行進を行った。

動画は「身を守るもの」か「攻撃材料」か

反対派は、新たな法案は報道の自由を脅かし、市民が警察の暴力を通報しにくくするものだと主張している。ゼクレアもAP通信に対して、「動画のお陰で自分の身を守ることができて幸運だった」と語っている。ゼクレアに暴力を振るった警察官たち(監視カメラに気づいていなかったと報じられている)は、映像が公開された後に停職処分となった。また検察当局は11月29日、4人の警察官に対する本格捜査を請求し、裁判所は4人のうち3人を引き続き勾留することを認めたという。

フランス24によれば、パリのレミ・ハイツ検事総長は問題の警察官らについて、武器を用いた意図的な暴行や人種差別的な発言、虚偽公文書の作成などの容疑で捜査を行うと述べた。問題の警察官らは、警察の記録文書に「ゼクレアが攻撃してきて1人の警察官の銃を奪おうとした」と記述しているが、監視カメラ映像はそれが嘘であることを示している。

ゼクレアは報道陣に対して、次のように語った。「警察官は私を守ってくれるはずの人々だ。私は暴行を受けるようなことは何もしていない。彼らを法律で処罰して欲しい。(暴行を受けて)もちろん怖かった。自分の身を守ってくれる動画があって幸運だった。こんなことがあってはならない」

ニュース速報

ワールド

英国とEU、駐英EU大使の外交的地位巡り対立

ビジネス

アングル:環境関連の資産購入、「首相肝いり」で日銀

ビジネス

基礎的財政収支、低成長が継続なら10年後も赤字=内

ビジネス

雨宮副総裁、明日から公務復帰へ 近親者はコロナ「陰

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 2

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 3

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 6

    ホワイトハウスを去るトランプ側近の手には思い出の…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 9

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 10

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月