最新記事

アメリカ大統領選 中国工作秘録

中国反体制派の在米富豪に、怪し過ぎる「共産党スパイ」疑惑

THE SUSPICIOUS MR. GUO

2020年11月20日(金)17時20分
ニック・アスピンウォール(ジャーナリスト)

郭文貴(左)は元トランプ政権高官のスティーブ・バノンと意気投合 Carlo Allegri-REUTERS

<真意を疑われても仕方のない経歴と問題行動、そしてアメリカで見つけた「同志」とは──。本誌「アメリカ大統領選 中国工作秘録」特集より>

アメリカで中国共産党幹部の腐敗を暴くと息巻く元政商の郭文貴(クオ・ウエンコイ)。その郭が9月、中国を逃れてきた反体制派や、彼らを支援する在米活動家を「共産党のスパイ」だとするリストを発表した。「裏切り者を抹殺しよう」と、郭はオンライン動画で葉巻を片手に訴えた。「始めよう。まずはこの売国奴たちを始末しよう」
20201110issue_cover200.jpg
その数日後、テキサス州ミッドランドにあるボブ・フーの自宅前に、どこからともなく人が集まってきて、フーを批判するようになった。フーはキリスト教福音派の牧師で、中国を逃れてきたキリスト教徒を支援する人権団体「チャイナエイド」の創設者であり、中国系コミュニティーでは敬意を集める存在だ。

フーの家の前に集まった人々は、自分の素性も、どこから来たかも言わない。ただ、郭の呼び掛けに応じて来たことだけは明らかにした。この動向にはFBIも注視し、マルコ・ルビオ上院議員やテッド・クルーズ上院議員ら共和党の有力議員も批判の声を上げた。その一方で、郭の狙いは何なのか考えあぐねる声が上がっている。

「これは潤沢な資金と的確な指揮に基づき、きちんと連携が図られた高度な中傷活動だ」と、フーは語る。地元当局によって家族と一緒に保護されたフーは、郭の背後には中国共産党がいるに違いないと主張する。「郭文貴はロビン・フッド気取りで、傭兵を組織し、世直しをしているつもりになっている」

中国反体制派の間で、「実はあいつは党の回し者だ」という告発は珍しくない。中国共産党は一党独裁を脅かすとみられる組織をつぶすために、その組織の内部に浸透することに相当な時間と資金とエネルギーを費やしてきたから、当事者たちが疑心暗鬼に駆られるのは無理もない。

それに郭は、その真意を疑われても仕方のない経歴の持ち主だ。中国時代の郭は、党幹部とのパイプを駆使して不動産業で巨万の富を築いた。ところが2015年に庇護者だった馬建(マー・チエン)国家安全省次官(当時)が失脚すると、自らの危険を察してアメリカに移住。以来、中国共産党の腐敗を暴く正義の味方というイメージづくりに励んできた。

「本気で私を脅すつもりだ」

そのアメリカで郭が見つけた「同志」が、ドナルド・トランプ米大統領の元側近スティーブ・バノンだ。2人は、新中国連邦なる「在外政府」の樹立を宣言したほか、GTVメディアグループを立ち上げて、新型コロナウイルスに関する偽情報や、民主党の大統領候補ジョー・バイデンの息子ハンターについての陰謀論をまき散らしている(バノンは8月に詐欺容疑で逮捕されたとき、郭のヨットで豪遊していた)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 7

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 8

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中