最新記事

教育

スクールカーストの「階級」を決めるのは、体育の得意度?

2020年10月28日(水)16時15分
舞田敏彦(教育社会学者)

勉強といっても複数の教科があるが、教科ごとに得意群と不得意群に分け、友人が多い子の割合を比べると面白い傾向が出てくる。得意な教科を尋ねた設問で当該教科を選んだ子を得意群、それ以外を不得意群とした。<表1>は、友人がとても多いと考えている児童の率(図1の青色)を、得意群と不得意群で比較したものだ。

data201028-chart02.jpg

どの教科を見ても、友人が多い子の割合は、不得意群より得意群で高い。座学では、社会と外国語において差が比較的大きい。外国語は、2008年改訂の学習指導要領より高学年で実施されている外国語活動(現行では教科の外国語)で、オーラルでのコミュニケーション能力の素地を養うものだ。これらが得意な子は、海外旅行経験などが豊富で話が面白いためかもしれない。

だが、それ以上に差が明瞭なのは体育だ。不得意群では38.6%であるのに対し、得意群は60.3%で、21.7ポイントもの差が開いている。これは経験則に照らしても頷ける。運動ができる子はスターになりやすく、不得手な子は体育の授業で恥をかいたりすることが多い。筆者自身、体育の授業に良い思い出はなく、皆の前で一人ずつ跳び箱を跳ばせるのは止めてほしい、と思ったものだ。

いわゆる「スクールカースト」の決定要因として、運動・スポーツの出来は大きい。だが、どの子どもも何らかの得意なものは持っている。必要なのは、それをすくい上げてほめたたえることだ。他者からの承認欲求は、思春期の年代では特に強くなる。

教育の目的は調和のとれた人間形成だが、バランスにとらわれすぎると、不得意なことの矯正ばかりに目がいきがちになる。それよりも得意なことを認識させ、肯定的に自己を捉え、明るい将来展望を持たせたい。丹念な児童観察・理解をもとにそれを成し遂げるのは、専門職としての教師の役割だ。

<資料:国立青少年教育振興機構『青少年の体験活動等に関する実態調査』(2016年度)

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米、COVAXへの参加を検討=ファウチ氏

ワールド

英国とEU、駐英EU大使の外交的地位巡り対立

ビジネス

アングル:環境関連の資産購入、「首相肝いり」で日銀

ビジネス

基礎的財政収支、低成長が継続なら10年後も赤字=内

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 2

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 3

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 6

    ホワイトハウスを去るトランプ側近の手には思い出の…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 9

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 10

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月