最新記事

韓国

韓国、政府と医療人の対立にろうあ者団体が「待った!」 コロナ禍のなか炎上「おかげ様としながらチャレンジ」とは?

2020年9月3日(木)21時20分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

韓国政府の医療制度改革に反対する医療人は「おかげ様チャレンジ」に皮肉を込めた「おかげ様としながらチャレンジ」キャンペーンを展開したが…… JTBC News / YouTube

<コロナと戦う医療人への感謝を表すキャンペーンに当の医療人が反旗、それをろうあ者団体が批判。いったい韓国はどうなってるのか──>

今年の春は新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するとともに、休むことなくコロナと闘う医療従事者の人びとへ、感謝の気持ちを伝えるキャンペーンを見かけることが多かった。

ヨーロッパやニューヨークで多く行われた、朝と夕方のベランダからの拍手キャンペーンや、Twitterなどでハッシュタグと共に「ありがとう」のメッセージを送るなど、世界各地で様々な方法がとられてきたが、お隣の国・韓国では、ある感謝のキャンペーンが波紋を呼んでいる。

「おかげ様チャレンジ(덕분에 챌린지)」と呼ばれるこのキャンペーンは、コロナウイルスと闘う医療従事者に感謝の気持ちを表すため、今年4月頃からオンライン上で始まった。韓国の手話で「感謝」の意味を表す手のポーズ(右手は親指を上げる「いいね!」の手で、左手をその下に添える)で写真を撮り、「#おかげ様チャレンジ」「#医療陣のおかげ」などのハッシュタグを付けてSNSに投稿する運動だ。

一般人はもちろん、元フィギアスケート韓国代表選手のキム・ヨナさんや、男性アイドルグループのSHINeeやEXOのメンバー、大人気キャラクターのペンスといった芸能人や著名人も多数参加。4月28日には文在寅大統領とその側近らも一緒に参加し韓国政府のHPに写真が掲載され話題となった。

ところが最近、このチャレンジを逆手に取って、手話の「感謝」の動作を逆さまにした「おかげ様としながらチャレンジ」が医大生を中心とした医療関係者が始めて話題を集めている。

これは、白衣を脱ぎ腕にかけて、左手をブーイングするときのように下に向けて、右手をその手の上に添える動作で写真を撮り、おかげ様チャレンジ同様SNSを中心に写真投稿するキャンペーンである。

アンチおかげ様キャンペーン、その意味は?

7月末、韓国政府は、これまでの医科大学の定員約3000人を、2022年から毎年400名ずつ増員して、10年間で4000人増の年間合格者7000人とする計画を発表した。さらに、地方に医大も新設し、地方医師希望者には卒業後10年間その地方で勤務することを条件に奨学金を出すという。

この新しい政策に対し、全国の医大生と医学専門大学学生協会、また医師たちが一斉に反発し立ち上がった。学生らを中心に「おかげ様としながらチャレンジ」を開始し、現在授業のボイコットも始まっている。

そして、8月上旬にはまだコロナの感染が収まっていない中、医師たちによる24時間集団診療ストライキにまで発展してしまった。さらに8月末にも第2ストライキが決行され、韓国政府は、休診した病院に対し「業務開始命令」を下した。韓国政府によると、第二ストライキが開始された26日には、全国約3500以上の病院が休診したとし、命令を拒否した場合には法的に処罰すると表明した。

ニュース速報

ワールド

米バージニア州知事がコロナ感染、ミズーリ州知事に続

ビジネス

米耐久財コア受注、8月は1.8%増 設備投資持ち直

ワールド

米大統領選、激戦州フロリダなどで支持拮抗 攻防続く

ワールド

選挙不介入の相互確約を、ロシアが米にサイバー有事防

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 4

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 5

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 6

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 7

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 8

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 9

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月