最新記事

アメリカ社会

寝室に踏み込んだ警官3人が黒人女性を撃ち殺しても、誰も殺人罪に問われない不正義

Officer Involved in Breonna Taylor Shooting Not Charged in Her Death

2020年9月24日(木)17時20分
エミリー・チャコール

事件から半年以上経った今も、テイラーの死を悼む人は絶えない Bryan Woolston-REUTERS

<公正な裁きを求める市民の声に押され、大陪審は「無謀な危険行為」の容疑での起訴を決定>

救急救命士として働く26歳の黒人女性ブレオナ・テイラーがケンタッキー州ルイビルの自宅アパートで恋人と就寝中、「ノックなし」の家宅捜査を認める令状を持った警官が部屋に踏み込み、恋人と警官の撃ち合いのなかでテイラーが死亡する悲劇が起きたのは今年3月。それから半年余り経った今、家宅捜査に加わった元警官のブレット・ハンキソンは殺人罪ではなく、第1級の「無謀な危険行為」で起訴されることになった。

アメリカの司法制度では、検察ではなく、一般市民の陪審員で構成される大陪審が、容疑者を刑事訴追するかどうかを審査する。ジェファーソン郡大陪審はハンキンソンを訴追するに足る十分な証拠があるとして、9月23日午後、起訴状を提示した。ただしそれはテイラーを撃ったからではなく、ハンキンソンの撃った弾の何発かが壁を貫通して隣室に達していたからだという。

大陪審は、捜査中にやみくもに10発もの弾を発砲したハンキンソンの行為は「無謀な危険行為」に相当すると認めたが、テイラーを殺した罪は問わず、1万5000ドルでハンキンソンの保釈を認めた。

テイラーのアパートに踏み込んだ警官は、ハンキンソンも含め3人だが、残る2人、ジョナサン・マッティングリー巡査部長とマイルズ・コズグローブ巡査は不起訴となった。

3人の警官のうちハンキンソンだけが6月に免職処分になった。

ケンタッキー州のダニエル・キャメロン司法長官は大陪審の発表後、州司法長官事務所とFBIが行ったこの事件の捜査について、もう少し詳しい情報を提供した。それによれば、ハンキンソンが放った銃弾はテイラーのアパートの中庭に通じるガラス戸や窓などにも当たっていたが、それらは問題にされず、隣室の住人を危険にさらした発砲だけが起訴理由になった。ハンキンソンが撃った銃弾がテイラーに当たったことを「結論付ける証拠は一切なかった」と、キャメロンは断言した。

ビヨンセも抗議

捜査により、テイラーのアパートで放たれた20発の銃弾の1発がテイラーに致命傷を負わせたことが分かっており、FBIの分析で、その1発はコズグローブが撃ったことが確認されている。にもかかわらず、マッティングリーもコズグローブも不起訴となった。キャメロンによれば、テイラーと同じベッドで寝ていた恋人のケネス・ウォーカーが先に発砲したため、マッティングリーとコズグローブの発砲は「正当防衛」とみなせるからだ。ウォーカーは就寝中に突然、ドアを蹴破って踏み込んできた私服警官を強盗と間違えて発砲したと供述している。

大陪審の判断を「不満に思う人もいるだろう」と、キャメロンは認めた。州司法長官事務所は、今後行われる裁判で、「無謀な危険行為」の罪でハンキンソンの有罪を立証する考えだ。

事件直後から州内では、テイラーの死を悼み、公正な裁きを求める声が広がり、それに押される形でハンキンソンの起訴が決まった。

今年2月には、ジョージア州でジョギング中の黒人男性アマド・オーブリーが元警官親子に射殺される事件が起きたが、容疑者親子が逮捕されたのは5月初め。事件の一部始終をとらえた動画がウェブ上で拡散したためだった。さらに5月末にはミネソタ州で黒人男性のジョージ・フロイドが白人警官に首を押さえ付けられて死亡。やはりその模様を伝える動画が世界に衝撃を与え、白人警官による黒人への差別と暴力に抗議する運動が一気に広がった。こうしたなかでテイラーの事件への関心も再び高まり、著名人が声を上げ始めた。

6月には歌手のビヨンセがキャメロンに3人の警官を逮捕するよう訴え、市警が何ら対策を取っていないことを問題にした(ハンキンソンが免職処分になったのはその後だ)。実はルイビル市警はテイラーの死について内部調査を行い、5月にその結果をキャメロンに報告していた。

ニュース速報

ビジネス

米株下落、ダウ410ドル安 コロナ経済対策巡る不透

ビジネス

ドル小幅安、追加刺激策協議を慎重ながらも楽観=NY

ワールド

米コロナ感染者、先週は13%増の39.3万人 夏の

ビジネス

物価上昇容認、雇用目標達成を支援=フィラデルフィア

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 3

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差別表現

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 6

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 7

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 8

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月